ベルリンに移住計画中のみなさんへ。現地で体調を崩した時の対処法をご紹介します!

   

紅茶

こんにちは、最近すこぶる体調が悪いKiKi(@kikiiiiiiy)です。

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/905502254261837825

 

子供の風邪の菌は強くって、新任の保育士さんは慣れるまで1年間風邪に悩まされるそうです。だから、小さな子供の世話を仕事とするオペアは風邪ひきやすいんですよね。

ベルリンに来て、かれこれ10回くらいは風邪ひいてるんじゃないかなあ。。

オペア留学を考えている人は、風邪、覚悟しておいてくださいね!

 

慣れない外国で風邪をひいたり、体調を崩したりした時。不安になりますよね。

ということで今回はドイツバージョンではありますが、今までベルリンで体調を崩した時、どう対処していたのかシェアしたいと思います◎

スポンサーリンク

ドイツでは風邪をひいたり、体調が悪くなると、まず『ハーブティー』を飲みます。

ドイツでは、よっぽどひどい状態ではない限り、薬を飲みません。『ハーブティー』を飲みます。お茶を飲むだけで大丈夫なの?!と、ちょっと心配になるかもしれませんが、飲むと体があったまるし、リラックスできます。病状を抑えるというより、体の免疫力を高めることの手助けをしてくれるイメージです。

ドイツのスーパーにもありますが、ドイツの薬局にもたくさんの『ハーブティー』が取り揃えられています。ホストママに教えて貰った、オススメの『ハーブティー』はこちら。

 

DJD-NcIXcAEnxpB

 

写真左側は胃痛の時に、右側は咳がひどい時に飲むお茶です。薬局に売っています。この二つは、病状がひどい時に飲みます。

それほどひどくないという時は、喉の痛みは生姜とハチミツをあったかいお湯で溶かしたものを飲んで、胃がもやもやするときは『Fenchel』というハーブティーを飲みます。

 

unnamed-1

こちらは普通にスーパーに売っているもの。『Fenchel』という成分が胃に良いそうです。

それでも痛くて耐えられなくて、お薬を飲みたい!となった場合は、以下のお薬を飲んでいます。

 

胃が痛い時に飲むお薬は、こちら。

C8pMmn7WsAAt6-i

 

友達とピクニックしてから胃の調子が悪くてもやもやしていた時に、ホストママが『これが効くよ!』と買ってきてくれたお薬です。主成分は塩化ナトリウムで、胃酸を抑える効果があるようです。

ドイツ料理はとっても美味しくて大好きなのですが、チーズやお肉だったり、油が濃くて、重いものが多いです。それで胃が疲れていまった時なんかは、これを飲んでいます。

私は日本にいた時も神経系の胃痛持ちだったので、そういう雰囲気で胃が痛くなった時は胃痛のお茶を、食べ物関連で痛くなった雰囲気の時はこのお薬を飲んでいます。

 

 

頭が痛い時に飲むお薬は、こちら。

unnamed-2

 

女性は特に、女の子の日なんか頭痛薬手放せない人がいるんじゃないかな。私もそうで、日本から多めにヴァファリンを持ってきたのですが、飲み終わってからはこちらを飲んでいます。熱にも効きます。

 

最後に。。

体調は個人差があるので、参考程度にしてもらえたらと思います◎本当にピンチになったら、薬剤師さんに適切なお薬の指示を仰いだり、病院に行くなどしてくださいね。

個人的な感想では、ドイツでは『風邪を引いたらすぐに病院へ!薬を飲もう!』というよりも、『熱を出して、悪いものを出そう』『お茶や栄養のある果物を食べよう』という印象が強いです。

私もそんなに大袈裟にしなくても、人間ぞれぞれの免疫に任せて治す方法の方が体に負担にならなくていいなあと思うこの頃です。

以下の記事で、オススメの美容用品も紹介しているのでよかったら読んでみてください◎

ベルリンに移住計画中の女子たちへ。1年住んで良いと思った美容ケア用品を紹介します!

 

オペア留学の場合の健康保険については以下の記事に、

ドイツのオペアはどの健康保険に加入するべき?

ワーホリの場合の健康保険については以下の記事に書いています。

【2017年版】ベルリン現地でのワーホリvisa申請方法(オペアvisa→ワーホリvisa)

みなさん、健康には気をつけましょう!

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 日常生活