【おすすめ言語学習】スマホ片手に世界中のタンデムパートナーを見つけよう!【Tandem App】

      2018/04/13

tandemm

 

こんにちは、イラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です◎

先日Tandem App(@TandemHQ)のインタビュー記事が公開されたのですが、皆さまチェックしてくださったでしょうか??

【インタビュー掲載】Tandemのwebサイトに先日行われた展示会”Gedankenがいぞがしい!!”のインタビュー記事が公開されました◎

 

インタビューはすべて英文なのですが、近々日本オフィス(@TandemJP)が運営する日本語公式ブログに、日本語訳バーションのインタビュー記事が掲載される予定です◎

もし「読みたいけど、英語が苦手で読めない!!」という方がいらっしゃったら、もう少し待っていただけたら嬉しいです。公開されたら、またこちらのブログやTwitter(@kikiiiiiiy) でおしらせしますね : )

2018.2.25 追記:Tandem日本オフィスのスタッフさんが、英文のインタビュー記事を日本語訳してくださりました!!

日本語のインタビュー記事は、日本オフィス公式ブログこちらより読んで頂けます◎

 

さて、今回はそんな色々ご協力してくださった”Tandem”さんのアプリのレビューを書かせていただきます。

実際に使ってみて本当に良かったので、このアプリ魅力が伝わるように、一生懸命ご紹介しますね◎

スポンサーリンク

Tandem(タンデム)って、どんなアプリなの??

スクリーンショット 2018-02-17 20.59.06

Tandem(タンデム)は、世界中の人たちと手軽に外国語会話レッスンができるモバイルアプリ。

タンデムのランゲージ・エクスチェンジコミュニティには、様々な言語を学んでいる世界各国の人々が登録しています。

タンデムのメンバーは、無料メッセージや音声&ビデオチャット機能を使って、ネイティブスピーカーとマンツーマンで会話レッスンが楽しむことができます。

 

スクリーンショット 2018-02-17 18.13.55

 

現在、利用者は世界中で300万人!その数は増え続けているそうです。

150カ国語以上が利用可能で、英語・スペイン語・フランス語といったメジャーな言語から、モンゴル語、ウェールズ語といった少し珍しい言語、さらには11種類の手話にまで対応◎

 

スクリーンショット 2018-02-24 22.31.52

アプリは『Google Play Best of 2017』に選ばれています!

去年11月、ついに日本語版アプリも登場。そのタイミングでご縁があり、日本オフィスのスタッフさんからプレスリリースのご案内を頂き、このアプリの存在を初めて知りました。

また、このTandemのメインオフィスがベルリンにあり、タンデムパートナーのJulieと企画していた展示の内容にもマッチするということで、今回の”インタビュー記事”という形でのコラボレーションにつながりました。

私も初めてこのアプリを知った時、『なんて画期的で効率的なタンデムアプリなんだ!』と感動しました。

それには以下のような理由があります。

 

Tandem APPは、最高のタンデムパートナーJulieと出会った方法に似ているんです!

タンデムパートナーのJulieとは、実はもともとTwitterで出会いました。

まだベルリンに来たばかりの頃、”ベルリンでクリエイティブな活動している人は、どんな人がいるんだろう?”とTwitterやinstagramの気になったアカウントをひたすらフォローしていました。

その時に、Julieのアカウントを見つけ、彼女の写真がとても綺麗だったので(彼女は写真も撮ります◎)素敵だなと思ってフォローをしました。すると、Julieがメッセージをくれたのです!

 

スクリーンショット 2018-02-17 21.17.56

 

私は最初の1年目をオペアとしてベルリンに来ていたので、ドイツ語を話す環境には恵まれていたのですが、同世代で共通の趣味を持ったタンデムパートナーがいたらどんなに素敵だろう!と思い、『日本語を勉強してるの?私もドイツ語を勉強したいから、タンデムパートナーになろうよ!』と提案し、実際に会うようになります。

 

スクリーンショット 2018-02-24 22.57.56

 

 

そこから私たちは二人とも絵を描いていたので、自然と言語学習にも”絵を描くこと”を取り入れていくようになります。

 

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/896385719735865347

 

この出逢いが、ベルリンで行った日本語とドイツ語のタンデムをテーマにした展示会『Gedankenがいぞがしい!!』に繋がりました。

また、展示場所を提供してくれた『Hiroshima mon Amor in Berlin』のMaxとも、私がinstagramで気になるアカウントをフォローしまくってた時に『おすすめアカウント』として出現したのを見つけて、コンタクトを取ったことがきっかけです。

先日ブログでも紹介とお知らせをした『YEOJA MAGAZINE』の編集長・Raeとの出逢いも同様に、フォローしたことをきっかけにメッセージをもらいました。

もちろん旅先の偶然の出逢いや、ネットを介さない直接の出逢いも素敵だと思うのですが、誰もがSNSを使って自分を表現している今の時代、”きっと、この人と気が合う!”という見つけ方や出逢い方もあっていいと思うんです。

何かの目的があって誰かを探しているのなら、なおさら。例えば、タンデムパートナーを探したい!って思っているのなら、ぴったりの方法です。

 

そんな今話した方法が、ぎゅっと手のひらに収まるスマホに凝縮されたアプリが”Tandem”なんです!

スクリーンショット 2018-02-17 18.11.48

 

タンデムパートナーを探して、語学学習をする!という目的専用のSNS。例えるなら、そんな感じです。

では、次から実際に使う方法をご紹介していきますね◎

 

アプリの使い方。

まずはアプリをダウンロードしよう!

スクリーンショット 2018-02-17 22.15.58

iTune App store 

Tandem タンデム - 言語交換 - Tripod Technology

Google Play store

Tandem タンデム - 言語交換

アプリを開いて、はじめにすることは”アカウント”の作成。

k

Facebook、Google、WEIBOのアカウントから作成する事ができます。(ない場合は電話番号も対応しているようです)

さて、普通はすでに持っているSNSのアカウントをクリックすれば登録終了!となると思うのですがここからさらに登録作業に数分ばかりかかります。そして、それがTandem Appの特徴と安心してオススメするポイントです。

少しめんどくさいと思ってしまうかもしれませんが、これは『出会い目的でTandemを利用としている人の登録を避け、本当に語学学習のために利用したいと考えている人たちのみに利用してもらう』ためにしている対策でもあります。

ネットを介して出逢うことのの1番の警戒は、そこですよね。でも、この数分の手間によってその危険性が低くなるので、ちょっと頑張って手続きを進めてくださいね◎

 

まず最初に、『どういった理由でTandemを利用するのか』という3つの質問を出され、それに回答しないと登録画面に進めないようになっています。

IMG_1384

その後さらに、数分間参加者の確認時間があります。私の場合はほんの数分で、承認されました。

IMG_1385

これでやっと、正式に招待してもらえます!

IMG_1386

そして最後にTANDEMを行う上の大切なことの確認、契約の文章が表示されます。当たり前のことが書かれていますが、確認も含めて改めてじっくり読んでから、同意ボタンを押してくださいね◎

j

これで、登録作業は終了です!

 

プロフィール画面を充実させ、興味がマッチするタンデムパートナーを探そう!

IMG_1389

 

ここからやっと、プロフィール作成画面に進むことができます。

まず最初に、自分の母国語と、話せる言語、学びたい言語を入力。

自己紹介欄には、住んでいる場所(国と街名)・職業・学歴・Facebookのプロフィールページの記載欄がありますが、どれも表示するかしないかを設定できるようになっていて安心です。

ただ年齢と性別は、必ず公開されるようになっています。

それは、自分が”タンデムをしたい!”と指定した年齢と性別の人にだけ自分のプロフィールが公開されるようになっていて、自分もまたその指定した年齢と性別の人のプロフィールのみ閲覧できるようになる設定になっているからです。

ここも安心ポイントで、例えば異性を公開範囲から外せば、出会い系目的からのアクセスは防ぐことができます。

希望する『学びたい言語・性別・年齢』を設定すれば、その範囲にだけ自分のプロフィールが公開され、自分自身もその範囲の人たちのプロフィールを閲覧することが可能です。

その他、『興味や関心』『話をしてみたい人』『私の学習目標』の記入欄もあるので、そこも合わせて読むことで、自分にマッチしたタンデムパートナーを探すことができます◎

 

話してみたい子がいたら、フォローしてみよう!

自分のプロフィール欄が完成し、一通りの設定が終わると、自分が指定した条件に合う子達のプロフィールアイコンがずらりと表示されます◎

IMG_1494

個人情報なのでモザイクをかけますが、こんな感じの画面。私はドイツ語と英語の学習を選択しました。ここから一つ一つ見ていって、気になる子がいたらTwitterやinstgramのようにフォローすることができます。

そこからメッセージを送ることももちろんできるので、メッセージを送り、コミュニケーションを始めます。ここの部分が、まさにJulieとの出逢いと同じで懐かしいなあと思いました◎笑

 

メッセージを送ってみよう!

気軽に挨拶やたわいもない話もできますし、トピックを作成して、そのことについて話すこともできます◎

メッセージ機能の中で便利だなあと感動したのが、『翻訳機能』!他のSNSで英語やドイツ語でメッセージを書くときに確認のためにいつも他の翻訳アプリを開いて、翻訳をかけてから、またマッセージを送るということをしているのですが、それをする必要もなく、すべてTandem App内ですることができます。

IMG_1495

 

慣れてきたら、ビデオで会話することも◎

私はシャイなので、まだビデオ会話には挑戦できていませんが苦笑、もちろんskypeのようにビデオ会話を行うこともできます。

メッセージのやり取りはスムーズにできても、実際の会話となると難しいことって沢山あります。私も英語やドイツ語は読めても、話すことは本当に難しくって、日々訓練だと思って、街に出て話すように心がけています。

慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください!

 

使ってみた感想◎

家にいながら、世界中の人とタンデムできる!!

タンデムパートナーをリアル世界で探すのなら、そういうコミュニティの会場に行かなければならないし、日本であれば外国人と気軽に出逢える都市も限られてくると思います。でもスマホがあれば、すぐにタンデムをお家で始めることができます。

文法や単語の学習を机に向かって一生懸命することも、もちろん大切だけれども、人たくさん会話することが一番だなあと今までの経験上感じるので、ぜひ多くの人に試してほしいです。

共通の興味を持った人に、ダイレクトにコンタクトを取れるので、ミスマッチが減る!

”人とたくさん話すこと”がとても大切だけれども、気の合う人とじゃないと、結構会話続けるのって大変だったりします。(母国語でもそうですよね。苦笑)

このアプリでは、”自分が話したい人”・”気が合いそうな人”を探す機能がたくさん組み込まれているので、その部分の負担が減っていいなあと思いました。

 

同じ言語学習でも様々な人と会話することによって、いろんな会話パターンが学べる!

私はベルリンに来て1年半経ち、ホストファミリーともタンデムパートナーのJulieとの会話もだんだん成り立つようになってきました…でも彼ら以外のドイツ人と会話すると何言ってるのかわからない!なんてことがしょっちゅうあります。涙

それは多分彼らが話すドイツ語のパターンを学習しているからだと思うんです。日本人でも、人によって話し方のクセが違いますよね?母国語なら、多少クセが違っても意思の疎通に問題はありませんが、新たに言語学習中となると、ちょっとクセが違うだけでも、何言ってるのかわかんない!!なんてことにもよくなるのです。。

だからなるべく多くの人と話し、多くの話し方のパターンに触れていくことが大切だと思うのですが、それをTandem Appで行うことができるので、これはとても良い!と思いました。

 

出会い目的の人を排除できる作りになっているので、安心して使える。

上記に書いたように、登録するのにほひと手間必要だったり、”出会い目的”の利用者を排除できるような作りになっています。それでももし、何か問題があった場合ブロックや通報もできます。私は同年代の女の子だけに公開する設定にしているので、今の所変な人からのコンタクトはありません◎

もし一つの語学学習に詰まり始めたら、箸休めに他の言語学習にも挑戦できる…??

私は英語とドイツ語学習をしているのですが、結構英語学習に『いー!!』ってなったらドイツ語学習に切り替えて、ドイツ語学習に『いー!!』ってなったら英語学習に切り替えて、、とい感じで、気分転換も交えながらやっています。笑

気軽に新しく他の言語のタンデムパートナーを探せるのも、いいですよね◎

 

 

ぜひ、Tandem で世界中の人たちと語学学習にチャレンジしてみてくださいね!

スクリーンショット 2018-02-24 22.57.46

 

- Tandem -

HP: https://www.tandem.net/ja/

日本オフィス Twitter :@TandemJP

BerlinメインオフィスTwitter:@TandemHQ

Instagram

@ tandemlanguageapp

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました◎

※今回の記事はTandem Jpan office様からのご提供で書かせて頂きました。Tandem Berlin office様共々、素敵なご機会をありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, お仕事, 語学・文化交流 ,