【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:国立マリオネット劇場編

   

マリオネット

こんにちは、今日洗面台を詰まらせて焦ったKiKi(@kikiiiiiiy)です。

無事解決して、ホッとしています。。ドイツ版パイプユニッシュを探しに行かなきゃ。。

さて、連日EU鉄道一人旅チェコ編を更新していますが

【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:基本情報編

【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:観光スポット編

今回もチェコ編、国立マリオネット劇場について書きたいと思います◎

スポンサーリンク

国立マリオネット劇場とは?

18920507_1547678718639190_8903031662596257293_n入り口で日本語のガイドもありあます。マリオネットの『ドン・ジョバンニ』がお出迎えしてくれます◎

チェコといえばマリオネット。国内では9つのプロの人形劇団が活躍しています。そして世界でも珍しいのが人形劇を芸術大学で学ぶことができるそうです。長い長い歴史のあるプラハのマリオネット人形劇は、2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されています。

そんなマリオネットのプロの公演を間近で見ることができる場所、それがプラハの国立マリオネット劇場です。

 

公演のスケジュールは公式HPで確認。オンラインでチケットの購入も可能◎

スクリーンショット 2017-06-22 8.05.14

公式HP:http://www.mozart.cz/

公演スケジュールについてはこちら、オンラインでのチケット購入についてはこちらに詳しく書いてあります。(HPは日本語にも変換できます)

私は当日劇場に行ってチケットを購入しましたが、特に問題はありませんでした。もし、良い席で見たい!という場合は30分前に行かれるとお客さんも少ないので、好きな席に座れますよ◎

 

劇場の中は…?

19030293_1547679191972476_6098273171670119747_n

劇場の席はこんな感じ。来た人順に好きな場所に座ることができます。

18951161_1547679188639143_6708543270833783832_n

さすが、1990年に創立された歴史のある劇場。とても、味のある作りです。

小さな劇場だけど、それに負けないくらいの大きな大きな魅力たっぷりの人形劇を見ることができました◎

 

見た公演は、もちろん『Don Giovanni (ドン・ジョバンニ)』!

Exif_JPEG_PICTURE

今回劇中の写真撮影は禁止だったので、この写真は7年前のものです。

ドン・ジョヴァンニ』(Il dissoluto punito, ossia il Don Giovanni(罰せられた放蕩者またはドン・ジョヴァンニ), K.527)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1787年に作曲したオペラ・ブッファ(あるいはドラマ・ジョコーソ)である。ーwikipedia

国立マリオネット劇場の看板オペラ。7年前もこの公演を見ました。

公演は全てオリジナル通りイタリア語で行われるので、何を言ってるのかわかりません。笑 なので事前に『ドン・ジョヴァンニ』とはどういう物語なのか予習をして行って見ると、理解が深まると思います。

『ドン・ジョヴァンニ』ーWikipedia

 

公演の見どころ◎

Exif_JPEG_PICTURE

ジョヴァンニの従者、レポレッロ

見どころは、やっぱり人形使いの方の、魔法みたいな細い指の動き!!

人形たちが生きているように動いているところだけでなく、上で人形使いの方がどう操っているのか、手の動きまでしっかり見えるんです。あまりにも人形たちが意志を持って動いているように見えるので、時々マリオネットであるということを忘れてしまうくらい。そんな時は上の『手』を見て思い出すんです。そうだ、人形だ!って。

それから、演劇中に観客との関わり部分もしっかりあって、例えば前の席に座ってる方は水かけられるので気をつけて下さい。笑

私は7年前に結構かけられて、でもそれが楽しかったから、今回も変わらずあるのかな。。。と期待しつつ前の席に座ったら案の定水をかけられました。笑(すぐ乾く程度の少量ですよ!)

最後に、人形たちに命を吹き込んでいた人形使いの皆さんたちも舞台に出てきてご挨拶してくださいます。まだ楽しい踊りをやめたくない人形たちが人形使いさんたちと喧嘩するシーンなんかもあったり。笑

お客さんの笑い声に包まれた、暖かい公演でした。

7年前も同じものを見ましたが、時差ぼけで眠くて眠くて、最後まで見れなかったことを後悔していたんです。今回は時差ぼけがなかったので、最後までしっかり見れて良かった。

日本から来られる方で、もし時差ぼけが辛いようでしたら、公演前にコーヒーを飲むことをお勧めします。寝ちゃうなんて、勿体ない!!

プラハに来られた際は、絶対見てほしい!

19029566_1547678695305859_2683892154029212297_n-1

チケットデザインも素敵◎

マリオネット職人さんの作品である人形をじっくり見ることができて、さらにそれに息を吹き込む人形使いの方たちの技術を生でじっくり見ることができます。本当に、魔法を見ているみたいです。

チケット価格もそんなに高くないので、ぜひみなさんに見てほしい!!

国立マリオネット劇場

住所:Zhatecka 98/1 | Stare Mesto, Prague 110 00,Czech Republic

HP:http://www.mozart.cz/(日本語に変換できます)

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Czech Republic, Interrail Pass, KiKiTRiP MAG , , ,