【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:観光スポット編

   

tosyokann

こんにちは、少し更新が遅くなってしまいました。KiKi(@kikiiiiiiy)です◎

昨日、無事日本旅行からホストファミリーが帰ってきて、またにぎやかな毎日が始まりました!

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/877249318343892992

私の大型オペア休暇も明日まで。またオペアの仕事、頑張りますよー!

さて、前回はEU鉄道一人旅チェコの基本情報編を書きましたが

【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:基本情報編

今回は引き続きEU鉄道一人旅チェコ編で、訪れた定番観光スポットについて書きたいと思います◎

 

 

スポンサーリンク

7年前にいけなくて後悔していた、世界で一番美しい図書館・ストラフ修道院。

DBkgrDKWAAABDoY

まず最初に向かったのは、7年前にいけなくて後悔していた場所。世界一美しいと言われている図書館がある、ストラフ修道院!

ここには『神学の間』と『哲学の間』の二つの美しい図書室があります。写真は『神学の間』です。

数千冊もの聖書があるそうです。実際に中に入ることはできず、入り口のところにはロープが張られ、ロープ越しに眺める、という形でした。

だから、観れたのは本当にこの写真が限界レベル。本当は中に入ってじっくり見たかったなあ。。それでも装飾が美しくって、遠くからでも魅入ってしまいました。

6月はヨーロッパでは観光シーズンで多くの人が詰めかけていて、ゆっくり見ることはできませんでしたが、来て本当に良かった。正真正銘、正解で一番美しい図書館でした…。

 

【ストラホフ修道院(Strahovsky klaster)】

住所:Strahovske nadvori 1/132, Praha 1

営業時間:9:00~12:00、13:00~17:00(年中無休)

入場料:大人80kc、子供・学生50kc

HP:https://www.strahovskyklaster.cz/en/

 

 

ストラフ修道院を抜けた先に広がる、プラハの街。

DBkf5KrXgAAWnGd

7年前は雪で真っ白でしたが、今回は清々しい初夏のプラハの街を見ることができました!

ここから下っていくと、プラハ城や美しいその城下町も見ることができるので、一番最初にストラフ修道院に行くことをお勧めします。坂が結構きついので、登る道のりを選ぶと辛いと思います。

城下町を散策する中で、幾つか素敵なマリオネットのお店も見つけました。

 

18921898_1547679541972441_6110076712361629333_n

もう、入り口からこの雰囲気、大好き!

18922148_1547679375305791_5390394923518180253_n

チェコには多くのマリオネット職人がいて、街を歩くとマリオネットを扱うお店をたくさん見つけることができます。

18921909_1547679331972462_1020614669099979645_n

みんな顔が違うんです。ずっとお店にいても、本当に飽きない。

国立マリオネット劇場にも行ってきました!これは、また別に記事にまとめて書こうと思います◎

 

下まで下ってカレル橋を渡り、少し歩くと見えてくる観光客の憩いの場と化していた旧市街広場。

19030392_1548270361913359_3138882870345828923_n

プラハ旧市街広場はヴァーツラフ広場カレル橋の間にあり、多くの場合、夏には観光客でたいへんなにぎわいをみせる。ゴシック様式のティーン教会とバロック様式の聖ミクラーシュ教会を含む様々な建築様式を見ることができる。広場はプラハの狭い道でうんざりした旅行者のひとときの憩いの場でもある。旧市庁舎の塔から旧市街に軒を連ねたショップの全景を見渡せ、また、観光客は多くの教会に囲まれた中で広場にある天文時計を容易に見つけることができる。

wikipediaより

wikipediaに書いてある通り、観光客の憩いの場と化していました。

私が行った時は、シャボン玉おじさんがいて、子供達が走り回っていました!賑やか!

18952809_1548270281913367_47929193872180731_n

 

広場の中心には、自らにおける信念のためドイツのコンスタンツで火あぶりの刑に処せられた宗教改革者ヤン・フスの銅像がある。ヤン・フス像の名で知られている銅像は、彼の死後から500周年目にあたる1915年7月6日に建立された。

wikipediaより

 

19030644_1548270288580033_3763236269909503783_n

 

そして、同じく旧市街地広場にあるプラハの天文時計台!

46154284_296168476

7年前の写真フォルダにもしっかり残っています!また絶対みたいと思っていた、天文時計。

プラハの天文時計(プラハのてんもんどけい)またはプラハのオルロイ(Prague Orloj, チェコ語 Pražský orloj,[praʒski: ɔrlɔi])はチェコ共和国の首都プラハにある中世の天文時計のひとつ。同市の観光名所として名高い。

このオルロイは3つの主要な部分、すなわち空の太陽や月の位置などの天文図を示すための文字盤、「使徒の行進 (The Walk of the Apostles)」と呼ばれるキリストの使徒などが時間ごとに動く人形仕掛け、それから月々を表す浮き彫りの暦版からなる。

wikipedia

...でも!!

19059404_1548270441913351_4116585580700024128_n

なんと残念ながら、工事中。。。!!見た目、ワルイヨ。。

19105871_1548270445246684_3157920651680040513_n

それでも、変わらず美しい円盤。多くの人たちが足を止めて、眺めていました◎

 

お腹がすいてきたところで、もう一度食べたくて探した、チェコ料理『SvíčkováとKnedlíky』!

7年前に食べた時のお写真がこちら。チェコの伝統的な料理で、このお料理の名前はSvíčková(お肉)とKnedlíky(パン)。

Exif_JPEG_PICTURE

ふわふわのパンとクリーミーなソースが染み込んだお肉が忘れられない.…!もう一度食べたい、チェコは物価安いしね◎

ということで念願叶って、見つけました!!!そして、食べました!!!

DBo3AXbXYAIjLOA

じゃん!じゃん!!

DBo3AXcXgAEB5Hq

 

美味しかった。。。そう、この味。。。!今回のは上にレモンと生クリームとクラウンベリーのジャムが乗っていて、一緒に食べるとクリームに甘さが混ざり、また違った味が楽しめました。

 

DBo3AXfWAAAqLfg

チェコというえば、ビール「(ピルスナー・ウルケル)」がとても有名です。私は7年前、ビールが飲めなかったのですが、チェコでこのビールに出逢ってから飲めるようになった思い出のビールです。すっきりとしていて、とても飲みやすいです。

日本ではリカマンで売っていて、よく買いに行きました。笑

 

 

【U Parlamentu】

住所:Valentinská 52/8, 110 00 Praha 1-Staré Město, Czechia

HP:http://uparlamentu.cz/

 

 

まとめ。

19059385_1547678331972562_2173716245858249613_n

プラハの街中を走る路面電車

ということで、回った定番観光スポット編でした◎ 正直、プラハの街はどこを見ても全てが芸術作品だし、観光スポットを巡る計画を立てなくても、突然気になるものに出会えるなんて、しょっちゅう。今回はそういうものが多い旅でした。

それから今回はもう一つ、プラハのユダヤ人街も散策してきました。これが特に興味深かってので、別の記事に詳しく書こうと思います。EU鉄道一人旅の記事、なかなか終わりが見えない。苦笑

また時間を見つけて書いていこうと思います!

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Czech Republic, Interrail Pass, TRIP , ,