【EU鉄道一人旅】人生初の夜行列車! ! ザルツブルクーベネツィアの旅◎

   

26198162_1802728153134244_5511995580403283251_o-1のコピー

こんにちは、イラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です。

先週末はベルリンで旅行に関する大きなイベントが2つもあって、大興奮でした!!

Berlin travel festival 2018については、以下の記事にレポートを書いたので良かったら読んでみてください◎

ミレニアル世代の旅好きには堪らない!! 『Berlin Travel Festival2018』に行ってきました!!

ということで旅熱が熱く、新しいプロジェクトも動いています。

 

その公開の前に!去年のinterrail passを使ったEU鉄道一人旅シリーズを書き上げたい…!

ということで再開です。

interrail passについてはこちら

【EU鉄道一人旅】EU版青春18切符『Interrail pass』の使い方を解説!

【EU鉄道一人旅】4カ国・7箇所・10日間の旅から無事戻りました! 旅行計画の立て方とアドバイス!

 

各街の旅行記はこちら◎

【EU鉄道一人旅】永遠の憧れの国チェコ・プラハの旅:基本情報編

【EU鉄道一人旅】音楽の都ウィーンの旅:基本情報編

【EU鉄道一人旅】文化とモーツァルトの街、ザルツブルクの旅:基本情報編

 

それでは、今回は人生初めての夜行列車に乗ったお話です◎

 

スポンサーリンク

 オーストリア・ザルツブルクからイタリア・ベネツィアへ!!!

IMG_7299

ベネツィア駅を出てすぐの光景

 

2つ目の国・オーストリアを出発して、3つ目の国・イタリアを目指します!!!

 

夜行列車に乗る際は、事前に予約しておこう!

旅行計画を立てる中で、座席の予約不要の電車、必ずしも予約しなくても大丈夫だけれども予約できる電車、予約必須の電車があることに気付くと思います。

普通列車は予約不要、夜行列車や国際線は予約必須、もしくは任意の場合がほとんどです。

予約をする場合、購入した『Interrail Pass』とは別に予約料金を支払わなくてはいけません。

そこで多くの人が、予約任意の場合、旅費節約のために『予約をしない』という選択を取ろうとすると思うのですが、もし予約任意の場合でも事前に必ず予約することをお勧めします。

実際に『Interrail Pass』を予約して旅行をしたペルー人の友人に聞いいたのですが、予約任意の夜行列車に乗ろうとしたらもう席がなく、駅で野宿をしたのだとか!(怖い!!)

予約については、以下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてみてください◎

EU鉄道一人旅前日!『Interrail Pass』事前準備の注意点を書いておきます。

 

 

駅構内の待合室の様子は良!

DB5WiMgXkAAyQsO

こんな感じの綺麗な待合室が駅構内にあります。片方の壁側の席には、充電用のコンセントも完備!もちろんWiFiも使えます。完璧◎近くに綺麗なトイレ(有料)と大きなロッカーもあります。

夜遅くなるとさすがにしまってしまいますが、駅構内にはスーパー・カフェ等あって食事にも困りませんでした。

治安は…?

駅員さんが一応いる。

黄色い蛍光のジャケット?を羽織っているのが駅員さんのようです。一応いて、困ったら質問にも答えてくれました。

警察も定期的に徘徊してます。

ランダムにですが、パスポートの提示を指示される場合もあるようです。私はされませんでしたが、その現場を見かけました。

酔っ払いのおじさんもたけど、周りの大人たちがなだめていた。

待合室に座ってずっとビール飲んでる酔っ払いのおじさんがいて、近くにいた若い男の子捕まえて説教じみたことを延々と話してたりしてました。苦笑 それもだんだんエスカレートしてきて、少年も困っていると、周りの大人たちが仲介に入ってなだめてくれていました。言葉が完璧に分かるわけではないので、ちょっとあれかも、と思ったら距離を置いて座った方がいいかもしれません。それ以外は、いたって平和でした。

私以外にも、女の子一人で電車を待っている子もいたよ。

私よりも全然余裕そうな顔でスマホをいじってました。うん。

まとめ:完全に安全というわけではないけれど、自己管理と警戒を怠らなければ、おそらく大丈夫◎

 

深夜01:40発の電車を待っていたら、まさかの2時間も延滞。。眠すぎて爆発しそうでした。。

DB64BSwXcAALO-R

電車が遅れるかどうかは、上のような電光掲示板と、駅員さんも口頭で伝えに来てくれます。

しかし、2時間遅れって…!!深夜2:34まで待ちぼうけ。もうただの眠気との戦いでした。寝たら死ぬ。(超危ない)

 

やっと電車が来た!さあ、夜行列車に乗り込もう!

DB688ZhWsAAyAzU

なんとか耐えて、やってきた夜行列車がこちら!どんな電車だったのか、レポートしますね。

電車情報

電車:NJ237 オーストリア鉄道『ÖBB』夜行列車"Nightjet"

乗車時間:6時間44分

Wifi環境

オーストリアの鉄道『ÖBB』系列の駅・電車ともにWiFi環境は完璧で、駅のホームまでは何不自由なく使えていたのですが、電車に乗ったら、パタリと使えなくなりました。

イタリアの都市を旅行して分かったのですが、ほとんど無料で使えるWiFiスポットはありません。もしあっても、電話番号を記入してSNSでパスコードが送られてくるパターンのものだったり(つまりWifiなしの環境でもスマホが使えていることが前提)、中にはクレジとカードのナンバーの記入を求められるところもありました…!怖すぎ…!!

イタリアに旅行に行く際は、滞在先で提供してもらう無料WIFIなどを活用して、計画的に調べて旅行することをオススメします◎

車内の様子

私が予約した席は『セカンドクラスの寝台客室4』、朝食付きです◎

スクリーンショット 2018-03-15 13.21.35

image from : https://www.youtube.com/watch?v=_B3OIyUBQIc

4人がベットで寝れる部屋。

私は上の階のベットでした。この梯子を上って。。。

スクリーンショット 2018-03-15 13.21.37

image from : https://www.youtube.com/watch?v=_B3OIyUBQIc

ベットはこんな感じ! 必要最低限のものは揃ってました。

スクリーンショット 2018-03-15 13.21.58

image from : https://www.youtube.com/watch?v=_B3OIyUBQIc

スクリーンショット 2018-03-15 13.21.40

image from : https://www.youtube.com/watch?v=_B3OIyUBQIc

 

問題だったのは充電する場所は、2階のベットには付いていなかったこと。下で紹介するYOUTUBE映像を見ると、コンセントが映っているのですが、多分下のベッドだけだったのかな。。

おそらく中国人の父親と息子が相部屋で、下のベッドに寝ていたのでコンセントを使うことができませんでした。しかし、充電も切れ掛かって死活問題だったので、廊下通路のコンセント口を見つけて、充電して乗り越えました…!(すみません)

 

朝ごはん付き。でも、パンが超かたい。。

こちらが朝ごはん。2つのパンとジャム、コーヒー付き。パンはあっためられているのですが、超かたい。。

あんまり美味しくなくって、コーヒーだけ飲みました。。もう朝はコーヒーがあれば十分かな。

IMG_7296 のコピー

 

でもコーヒーのパッケージが、可愛かった!

 

IMG_7297 のコピー

 

そして、朝ごはんが届いた時に下のベッドで寝ていた親子に声をかけてもらって起こしてもらったのですが(疲れ果てて爆睡してました)、寝ぼけてドイツ語で話してしまい、『は?英語は??』って不機嫌な顔されたのがちょっと怖かったです。

そう。もうここは、ドイツ語圏のオーストリアではないのです。目が覚めたらそこは、イタリア語、もしくは英語の世界にやってきていたのです。

 

夜行列車の全貌は、こちらの動画をチェック!

もっと予算があれば、優雅なベットで寝れて、美味しい朝食付きの快適な夜行列車の旅が遅れそうです。。(まあこれも旅の醍醐味。。!)

 

さあ、水の都・ベネツィアが見えてきましたよ!!

IMG_7298

 

さて、ここからイタリア編に突入です◎

イタリアはヴェネチィア・ブラーノ島・ローマ・ピサ・フィレンツェ、そして世界最小国家バチカンにも訪れました。また、一つずつ更新していきますね。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Austria, Interrail Pass, Italy, KiKiTRiP MAG