【EU鉄道一人旅】音楽の都ウィーンの旅:ちゃんと人が住んでる公共住宅なのにアート作品『Hundertwasserhaus』に行ってきた!

   

フンデルトヴァッサー

こんにちは、イラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です。

前回EU鉄道一人旅シリーズを再開しました◎

【EU鉄道一人旅】音楽の都ウィーンの旅:基本情報編

【EU鉄道一人旅】音楽の都ウィーンの旅:クリムトのアトリエ完全再現『Klimt-Villa』を訪れたお話。

引き続き、ウィーンのお話を書きたいと思います◎

旅行の際に使用したinterrailpassについて胃は以下の記事に詳しく書いています、気になった方は是非こちらもどうぞ!

【EU鉄道一人旅】EU版青春18切符『Interrail pass』の使い方を解説!

 

今回は画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーが建てた、フンデルトヴァッサーハウスに行ったお話を書きたいと思います!

 

スポンサーリンク

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー

Hundertwasser_nz_1998_hg

Photo:wikipdeia

フリーデンスライヒ・レーゲンターク・ドゥンケルブント・フンデルトヴァッサードイツ語: Friedensreich Regentag Dunkelbunt Hundertwasser1928年[1]12月15日 - 2000年2月19日)はオーストリア芸術家画家建築家。本名はフリードリヒ・シュトーヴァッサー(Friedrich Stowasser)。

日本では「フンダートヴァッサー」「フンデルトワッサー」という呼び方も多く用いられる。日本語での号は姓を直訳した「百水」。色鮮やかな外見、自然と調和した建築でよく知られる。

wikipdiaより

私の絵や、もし実際に会った時に服装などを見てもらえればわかると思うのですが、私はカラフルなものが大好きです。

アーティストの作品を見る時、恥ずかしながら、その背景だったり、詳しい技法とかは実はよくわからないまま見ていることが多くて、色合いとか表情で『好き』なのか『嫌いなのか』考えるのですが、私は彼の作品が好きです。

その私が好きな色合いとか表情について、wikipediaには、こう説明してありました。

そしてある時、彼の作品に渦巻きが登場する。「円に流れる血 私は自転車を持っている」(1953年)ではどこまでも果てしなく続く曲線。一方で断固拒否したのは定規で引いたような直線であった。「自然の中に唯一存在しないものが直線である。社会や文化が存在しないこの直線に基づいているとすれば、やがてすべては崩壊するだろう」。彼にとって無機質な直線に比べ、渦巻きは植物のように成長する命の象徴であった。

wikipdiaより

Maishima_waste_treatment_center_Osaka_JPN_001

Photo:wikipedia

日本だと大阪市環境局舞洲工場が、彼の作品だったりします。日本にいた時に行きたいなと思いながら、行けずじまい。。せっかく京都に7年間住んでいたのに、もったいないことをしました。。一時帰国した時は、絶対行こう。

 

自然と共生する公共住宅『Hundertwasserhaus』

19030663_1548258291914566_4149150976510364909_n

 

著名人が自分の夢を語る人気テレビ番組「願いをかなえて」(1972年)にフンデルトヴァッサーが出演した際、彼は自分の夢を「植物と共に生きる家を作ること」と語った。家の模型を作り、人々に「植物と共に生きてこそ人間は、よりよい生活を送ることができる」と訴えた。その熱い思いに答えたのが、当時のウィーン市長レオポルト・グラーツであった。1977年、グラーツはフンデルトヴァッサーに自然と共生する公共住宅の建設を依頼した。

しかし、フンデルトヴァッサーはイメージした建物は、従来の建築理論と相容れない常識外れのものであった。建築家とは意見が対立し、計画はいっこうに進まなかった。ようやく賛同する建築家が現れた6年後の1983年に建設が始まった。1986年にフンデルトヴァッサー・ハウスが完成した。専門家の中には悪趣味だという意見もあったが、入居希望者が殺到し、大評判となった。

-wikipedia

 

私も初めてこの家を見た時、素直に住みたい!!って思いました。

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/872525783977381890

 

18951081_1548261005247628_2693403571639152663_n

 

街の中に絵を描いたみたいに、立ってる住宅。

 

DBvVjsuW0AA_atA

 

綺麗な自然な線がいっぱい描かれています。

 

19030282_1548258625247866_8037529411137455150_n

 

DBvVj1BXkAAJkQF

 

ちゃんと人、住んでるんですよ。ほら、インターフォンがある!!

 

19030236_1548258738581188_3397957594544452131_n

 

 

DBvVjwtXoAAUUC2
なんだか見ていると元気が出て、笑みがこぼれる不思議なお家でした。かくれんぼするには、心身ともに最適な環境な気がします!きっと住人しかできないと思いますが。笑

お部屋はどうなっているんだろう。。人が住んでいらっしゃるので、建物の中までは見ることができなかったことがとても残念です。。

 

アクセスはこちら!

DBvVjslWsAAEIk6

住所:Kegelgasse 36-38, 1030 Wien, Austria

HP:http://www.hundertwasser-village.com/

 

まだまだ続きます、ウィーン編!

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Austria, Interrail Pass, KiKiTRiP MAG , ,