【EU鉄道一人旅】EU版青春18切符『Interrail pass』の使い方を解説!

   

講座

こんにちは、EU鉄道一人旅から帰ってきてからも色々であるいているKiKi(@kikiiiiiiy)です◎

カプート村のことは、また詳しくブログに書きます。たくさん、たくさんブログに書きたいことに出会える最近でとても嬉しいです。

さて、EU鉄道一人旅のお話に戻ります!

【EU鉄道一人旅】4カ国・7箇所・10日間の旅から無事戻りました! 旅行計画の立て方とアドバイス!

【EU鉄道一人旅】荷造りチェックリストと現地での危険回避術を伝授!

旅の計画の立て方、荷造りチェックリストと現地での危険回避術まで来たら、いよいよ『Interrail pass』の使い方をマスターしましょう!

ということで、今回はEU版青春18切符『Interrail pass』の使い方を解説します!

 

スポンサーリンク

最初に復習。EU版青春18切符『Interrail pass』とは??

EU国内の鉄道がほぼ乗り放題という夢のようなチケットです。詳しくは、こちらの記事に書いてあります◎

ヨーロッパ版青春18切符⁉︎『Interrail Pass』を使ってヨーロッパ鉄道一人旅してきます!

 

注意点は、EU国内に6ヶ月以上滞在している人しか使えないという点です。

日本にお住いの方は、同じ会社が販売しているEU国外の観光客向けチケット『Eurail(ユーレイル)』を使って同様にEU国内鉄道の旅を楽しむことができます。ただし、interrail passに比べると価格が高いことと、少しプランも変わってくるので、詳しくは公式サイトをご確認ください。(日本語に対応しています)

 

まずはinterrail公式サイトで自分の計画にあったチケットを購入しよう!

スクリーンショット 2017-06-18 11.09.51

interrail pass公式サイト:http://www.interrail.eu/en

interrail passには、『GLOBAL PASS』と『ONE COUNTRY PASS』の二種類があります。自分の旅行プランに最適なチケットを選び、公式サイトからオンラインで購入しましよう。

◎『GLOBAL PASS』とは?

自分のペースで最大EU国内30ヶ国を旅行することが可能なパス!(※居住国は出国と入国のみ利用可)ブリュッセル、パリ、ロンドン間のユーロスター列車が含まれています。206ユーロ〜。

27歳までなら、ユース価格でやすく購入できますよ!

プランの詳細はこちら:http://www.interrail.eu/en/interrail-passes/global-pass

 

◎『ONE COUNTRY PASS』とは?

EU加盟国の1つの国のみ、じっくり回りたい方にオススメのチケット。31ヶ国のパスから選ぶことができます。

プラン詳細はこちら:http://www.interrail.eu/en/interrail-passes/one-country-pass

◎私が購入したのは『GLOBAL PASS』の『1ヶ月間有効、7日間乗車可能』のチケット!

スクリーンショット 2017-06-18 11.15.35

このチケットを最大限に活用するには、国を超える大移動の時のみinterrail passを使って、各地に数日間滞在して1ヶ月間旅を続ける必要があるのですが、それをするとだいぶ宿泊費がかかってしまうので、私は10日間のみ旅行をしました。

ただ、計画の仕方によっては10日間であっても4カ国巡ることは可能だし、使い方は考えれば無限に夢が広がるチケットだと思います!

 

◎購入後3日~5日で、チケットが自宅に郵送されてきます。

チケットとマップ、利用ガイドが郵送されてきます。

購入したチケットぼ種類と利用開始の日付があっているか確認して、旅行当日まで大切に保管しましょう◎

 

実際に使う方法と手順はこちら!

1、旅行中はinterrail passとパスポート、住民登録証明書は常にセットで持ち歩いてください。

Interrail passを利用する資格があるか確認するために、パスポートと住民登録証明書(EU国内6ヶ月以上滞在者のみ利用が可能のため)の提示を求められる場合があります。

私はベルリンの住民登録証明書を持って行きましたが、証明できる書類として以下に詳しく書いてありました。

市民権を証明する書類

市民権を証明するものとしては、有効なパスポートまたは身分証明書が認められます。この場合の身分証明書とは、国境を越えた旅行を可能にする身分証明に関する文書のことを指します。鉄道乗務員が乗客の国籍を確認することがあります。必ずパスポートまたは身分証明書を携帯してください。運転免許証は市民権の証明として認められません。

居住国を証明する書類

ヨーロッパにお住まいの方がインターレイルパスで旅行する場合、政府発行の居住に関する公的文書にて居住国を証明する必要があります。この書類は、お住まいの国の居住者であることが明記されているものでなければなりません(例:永住者用身分証明書)。
以下の場合、居住国の証明として認められます:

  • 政府機関が発行したもの。
  • インターレイルの旅の期間中ずっと有効である。
  • 発行機関の公記号または公印が付いている。
  • 発行国が明記されている。
  • お客様の氏名が明記されている。※請求書、賃貸借契約書、銀行の取引明細書などは使用できません。観光ビザおよびパスポートの居住国欄は、居住国を証明するものとして認められません。

Eurail公式サイトより

 

実際乗車して、確認されたのはチケットのみでしたが笑、念には念を。大切な書類なので、厳重に所持してください。

2、チケット部分にまず使用日付を書きます。

unnamed-4

これが一番大切だと、乗車券点検のスタッフさんが言っていました。確かに忘れると、どのようにinterrail passが使われているのか、使用期限を守っているのか確認できませんもんね!

私はよく忘れて、乗車券点検のスタッフさんに怒られました。苦笑

3、Travel Diary部分には、乗車するときに自分で日付・乗車時間・駅名を書いていきます。

私はこの部分が、interrail passの好きなところ。絶対、いい思い出になる。

4、乗車券点検のスタッフさんが来た時は、interrail passを見せれば大丈夫です。

ヨーロッパの鉄道には、ほぼ改札がありません。その代わり定期的に回ってくる乗車券点検のスタッフさんに、チケットを提示することになります。新幹線に乗るときみたいな感じです。

先ほど書いたように、基本Interrail passのみの確認をされます。ただし、パスポートとinterrailpassが使える権利を持っている証明になる書類(住民登録証明書など)も求められたらすぐに提示できるような状態にしておくと良いでしょう。

予約した電車に乗る場合は、予約チケットも一緒に提示します。電車の予約に関しては以下の記事に書いてあります。

EU鉄道一人旅前日!『Interrail Pass』事前準備の注意点を書いておきます。

 

※利用する際の注意点

18893348_1547672761973119_5174800679611458735_n

チェコで見つけた看板。苦笑

interrail passはほぼEU国内の鉄道を乗ることができますが、適応されない鉄道会社もあります。

例えばイタリアはTrenitalia、Trenord 、ÖBBの鉄道会社が運営する電車には使用できましたが、ベネツア市内の船の乗車、ローマ市内の電車や地下鉄は使用できず、その場で1日乗車券を購入していました。

それについては、公式サイトのこちらに詳しく書かれているので各自確認するか、現地で心配だった場合は駅員さんに直接確認をとってから使用してください。

そういうケースもあるので、事前にinterrailpassが使えない範囲の電車に乗る必要があるのか調べ、旅行の予算プランを立てると安全です。

その他、詳しい情報はinterrail公式サイトで確認してください◎

18920617_1547671388639923_9089539760166149411_n

電車の窓から見た風景

以上の情報は、私がたてた旅行プランを実行する上で気づいた点です。さらに詳しい詳細は公式サイトに書かれているので、そちらをじっくり読んで確認することをお勧めします。

公式サイトには情報がたくさん書かれていますが、使った感想は以外とシンプルな流れでした。

私も公式サイトを読んだ時、頭が痛くなったのですが苦笑、この記事にだいぶ大まかな流れと重要ポイントを書いたので、利用することに踏み切りやすくなったんじゃないかなあ。。。

多くの人が、素敵な旅行を楽しめますように!

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Interrail Pass, KiKiTRiP MAG ,