ベルリンに移住計画中のみなさんへ。現地でふりかけを買うと超高いけど、実は簡単に手作りできますよ!!

   

のりたま

こんにちは、イラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です。

もしベルリンに来て日本食が恋しくなっても、日本食レストランはあるし、アジアンスーパーマーケットもあるし、ドイツ料理も美味しいし、特に困ったことはないなあと思っていたのですが、1つ困ったことがありました。

それはアジアンスーパーマーケットが遠いこと、そして日本で買うよりはるかに高い値段(びっくりします)で売っていることです。

そのびっくりさ加減といいますと、例えば納豆は全部凍っていて4パック4ユーロだったり、ゴマだれドレッシングなんかミニサイズなのに8ユーロなんてします。日本の100均で買えば全て税込み108円ですよ!!

とっても美味しいご飯の友代表、『ふりかけ』だって、こっちで買うと4ユーロはするんです。。

そう、今回の記事のテーマはこの『ふりかけ高いよ問題』。

この問題を解決すべく、先日家にあったふりかけを手作りしてみました!!!!

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/910066406179397632

以上の事がきっかけで作ってみたのですが、意外と簡単で、そして自分で言うのもあれですが笑、とっても美味しかったので、この情報を今回シェアしたいと思います◎

スポンサーリンク

 

 

ふりかけの王道『のりたま』を手作りしてみた!!

DKEz8YkWAAApCmb

実際に出来上がったのがこちら。見た目もちゃんと、のりたま!!

参考にさせていただいたのは、cookpadのぽんさんのレシピ

スクリーンショット 2017-09-21 17.27.44

 

以下、cookpadのぽんさんのレシピにそって作ってみた調理過程をご紹介します◎

 

準備するもの。

DKEz8beX0AAG1B6

私が使ったものたち

スクリーンショット 2017-09-21 17.27.44

卵、塩、砂糖、白ごまあたりは、ドイツのスーパーマーケットでも十分手に入るものですよね。ちょっと困るのは、醤油と鰹節というthe日本の調味料と海苔ですかね。

でもベルリンでは日本食が人気なので、意外と普通のドイツのスーパーマーケットにも小さな日本食コーナーがあったりして、『SUSHI』と書かれたお米だったり、手巻き寿司を作る用の大きな海苔、醤油なんかは比較的置いてあったりします。

この醤油と鰹節と海苔を購入することによって、現地で買うふりかけの値段を結局超えるのかどうかの細かい計算は、算数が苦手なのでしていません。おそらく1回に作る量を多くすれば、1パック買うよりも安くなるんじゃないかなあ。。

この記事の下に、私の知る限りですが、ベルリンにあるアジアンスーパーマーケットも紹介しているので、そちらも参考にしてみてください◎

調理経過をちょっと紹介!

スクリーンショット 2017-09-21 17.51.21

cookpadのぽんさんのレシピより。

感動したのは『おかか』と『たまご』の調理をした時!!

常に食べているだけ側だった私の感覚としては、工場で大きなマシーンを使って作っているイメージだったのですが、意外とフライパンだけでできてしまうという事実に感動しました!!

DKEz8hnXcAUxQ3U

炒める時に、箸でやるとダマになってしまうので、ある程度日が通って固まってきたら、ヘラなどでほぐしながら炒めていくといい感じになりますよ!

DKEz8ezWsAAFLKw

たまごも、ちゃんとぽろぽろになりました!

 

実際に食べた感想は。。?

DKEz8YkWAAApCmb

ご飯にのせてるお写真を撮り忘れたので、再度この写真!

本家よりまろやかな感じがしますが、食べた最初の感想は『…!のりたま……!!』。ホストママにも好評だったので、また作ろうと思います!!

 

ドイツで日本のお米に近いのは『Milchreis』!

miruhi

PHOTO : http://www.essen-und-trinken.de/rezepte/57534-rzpt-milchreis

 

ミルヒライスドイツ語:Milchreis、デンマーク語:Risengrød、スウェーデン語:Risgrynsgröt)は、ドイツや北欧(デンマークスウェーデンなど)を中心にヨーロッパの広い範囲で食べられている料理の一種である。

牛乳で炊き、シナモンで香り付けをしたり、砂糖ジャムなどで甘くして食べる。ライスプディングの一種であるが、ライスプディングのように冷たい状態で食べるのではなく、温かい状態で食する。ライスプディングとは違ってデザートではなく主食として食されるほか、トルテ・ケーキの具に使われることもある。

材料の米には、加熱調理すると粘り気の出る短粒種が用いられる。そのため、料理だけではなく、短粒米(ジャポニカ米)そのものを指す言葉としても、ミルヒライスの名称が使われることが多い。

温めた牛乳を注ぐと食べられるインスタントのものや、カップヨーグルトのような容器に入った商品も販売されている。

wikipediaより

 

日本人の感覚では、『え、ご飯に牛乳。。!?』と信じられない食べ物なのですが、食べてみると意外と美味しいです。ご飯ではなくて、『もちもちした甘いもの』と考えながら食べると最初はいいかも。笑

これを普通に炊くと、日本のお米にとても近いものになります◎

 

ちなみにベルリンにあるアジアスーパーマケットはこちら。(私の知る限り)

もし日本食が恋しくなったら、以上の情報を活用してもらえたらなって思います:)

 

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

【レシピあり】食べても大丈夫!カラフル小麦粉ねんどを作ってみた◎

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 日常生活