【レポート】翻訳家 / ライター、WASABIさんの『ベルリン・フリーランサーセミナー』に参加してきました!

   

フリーランスセミナー

こんにちは、今はベルリンでオペアをしながらドイツ語と文化の勉強に専念しているイラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です!

昨日twitterでこんなつぶやきをしたのですが、、、

実はこの日、ドイツ・ライプツィヒ在住の翻訳家 / ライター、WASABIさんの『ベルリン・フリーランサーセミナー』に参加してきました!

フリーランス セミナー

ドイツ、特にベルリンへの移住を考えている方なら、きっと一度はwasabiさんのブログを読んだことがあるんじゃないでしょうか。私もその一人で、大きな想いを抱えてオペアとしてアメリカに渡米したものの、2回のリマッチを経験して強制帰国になり、日本でやりたい事と夢を取り上げられて自分を偽って生きる毎日を送っていた時に、wasabiさんのブログに出会いました。

wasabiさんのブログを読む中で、ベルリン移住という形で、また挑戦できる事に気付き、今に至ります!(私がベルリンに引っ越した理由)ベルリン移住情報以外にも、wasabiさんの考え方や行動を起こそうとしている人への後押しの記事には、とても勇気をもらいました。

ちょうど約1年前くらいに、wasabiさんにそのありがとうの気持ちを伝えたくって似顔絵を描いてメールを送っていたりする、根っからのファンだったりします。笑

wasabi 似顔絵 ベルリン

今回やっとお会いすることができて、しかもベルリンで!そしてこの似顔絵の原画も直接渡すことができました。よかったよかった〜、嬉しかったー!!

と!個人的な前置きが長くなりましたが、そのフリーランスセミナーについてのレポートを拙い文章ですが、書いていきたいと思います◎今回来られなかった方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

 

フリーランスに優しい街ベルリンで『フリーランスの仕事をするにあたってやっておくべきこと&知っておくべきこと』

IMG_6048

用意されていた水を飲むコップが”瓶”のものもあったりするのが、ベルリンらしくて面白い!

私は今オペア専用のvisaでベルリンに滞在していて、それが今年の9月に切れてしまうので、その後ワーホリvisaに切り替え、その期間中にフリーランスvisaに切り替えられるように準備を進める計画を立てています。

ベルリンでフリーランス業を本格的にスタートさせる9月まで、だんだん期間が迫ってきて、そろそろ”難しいことがら”について勉強しなくちゃ。。。と考えていたので、このタイミングで、このセミナーに参加できて本当に良かったです!

参加されていた方は、私を含め定員満帆の9人。デザイン・アート関係の方、ライターの方、それからベルリンの企業に就職が決まってらっしゃる方もいらっしゃいました。

ベルリンでの確定申告をはじめ、税金や保険のお話をパワーポイントのスライドを見ながら詳しく教えていただきました。9人と人数が少数だったので途中質問や、参加者さんの経験談なども交えてじっくり聞くことができました。

その中で見えてきたことは、『住居が見つかりにくい問題』『ドイツ語習得』『ドイツでのクライアントの見つけ方』『日本のクライアントとのやりとり』は誰もが抱える共通の問題なんだなと思いました。特に近年のベルリン人気上昇もあり住居の見つかりにくさは、さらに難しくなってきていて、家賃も上がってきているようです。

ただ、話を聞いてみると海外でフリーランスとして生計を立てようとした場合、visaの取得でも税金や保険の面でも、ベルリンは本当に外国人フリーランサーに優しい街だなと思いました。そしてなにより、ベルリンがアートを守ろうとしている姿勢も、この制度からよくわかり、なんだか嬉しくなりました。

きっとセミナーのさらに詳しい内容は、wasabiさんのブログの方でもっとわかりやすく書いてくださると思うので簡単に触れる程度にして、私が予々疑問に思っていて、質問コーナーで質問して教えていただいたことをシェアしたいと思います!

 

質問コーナーで、私が質問して教えて頂いたこと。

Q1、フリーランスvisaを申請するとき、ドイツ語力証明のためにも語学証明書は必要になるのか?それはどのレベルの物があれば安全か?

特にドイツ語の語学証明書の提出は定められていないそうですが、『ドイツ語が話せる』という証明は『ドイツで仕事ができる』という証明につながるので、あったほうが力になってくれる、とのことでした。ただ、強制ではないし、大学を卒業していれば(日本の大学も可)自分で学習する能力があるという判断につながるので、そんなに心配はなさそうです。もし、語学証明書を取得するのならB1レベル以上のものがあれば強いそう。時間はかかると思いますが、よくよくはドイツのクライアントをメインにしていきたいという考えもあるし、私はB1まで語学学校の授業を終了しているので、近々テストを受けて証明書の取得を目指そうと思います。

 

Q2、仕事用と自分の生活用の銀行を分けると確定申告がしやすいが、オススメのドイツの銀行は?

今私はオペアの給料をドイツネットバンクのcomdirectを開設して振り込んでもらい、ベルリンでの生活費全てをそれでまかなっている状態です。ただ、フリーランスとして仕事をして確定申告をすることを考えると『生活費用の銀行口座』と『仕事用の銀行口座』2つあることが望ましいそうです。そこで、2つ目の仕事用の銀行口座として『N26』がいいというお話を伺いました。詳しくは以下のwasabiさんのブログに書かれていますので読んでみてください。

N26 ドイツ銀行

私は、今持っているcomdirectを生活費用、そして仕事用としてN26を開設する予定です。

 

Q3、フリーランスvisaは、何回延長が可能なのか?

日々visaの状況は変化していますが、今現在ベルリンでフリーランスvisaの延長回数に限度はないようです。もちろん延長をし続けるためには、フリーランスとしてのキャリアを維持していく難しさもあります。それでも、”延長が可能”という魅力はどの国のvisa条件に比べても、とても魅力だと思いました。

 

 

セミナー後のカフェでの雑談も、勉強になりました!

wasabiさん 似顔絵

以前、語学学習についてのブログに書いたように、語学習得のためベルリンに来てから日本人コミュニティを避けていたので、久々の日本の方とコミュニケーションをとって懐かしい感覚でした。

語学習得のために避けてはいたけれど、ここでは外国人である日本人の私が長期滞在を希望する場合にぶち当たる問題は、同じ環境下にいる日本人がやっぱり一番理解していて、強い経験談と情報を持っています。今回、そのことについてたくさん話すことができたこと、同じ境遇で頑張っていらっしゃる仲間に出会えたことがとても嬉しかったです。

wasabiさんをはじめ、今回ご一緒させていただいた皆様、本当に有難うございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します!

そして再確認したこと。私が今できることは、オペアの仕事をやりきること、ドイツ語の勉強を続けること、そしてこのブログで発信し続けることです。小さなこともコツコツ、塵も積もれば山となる。途方も無いことのように思えても、去年の今頃途方も無いことだと考えていたベルリン移住ができているわけで、兎にも角にもできることから動くことが大切です!頑張ります。

地道に書いているこのブログも、頑張っている誰かの助けになっていたら嬉しいです。

ここまで読んでくださって、有難うございました◎

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 移住1年目オペア編 ,