英語が通じるベルリンはドイツ語が学びにくい街?いいえ、言語学習に最強の街ですよ!

   

◎しかく

こんにちは、先週の金曜日にB1クラスが終了したことをきっかけに、語学学校を一旦お休みしているKiKi(@kikiiiiiiy)です。

前回は念願のドイツの環境活動についてのブログを少し書きましたが、今回はまた言語学習の話に戻ります。笑

ベルリンに初めて出来たオーガニックスーパー、『LPG』を紹介します!

今週から語学学校がない分、オペアの仕事も少し増えましたが、時間を有効に使うべく色々と動いていました。語学学校をお休みしている分、課題となるのはドイツ語勉強の継続です。

私が住んでいるベルリンという都市は、ドイツの首都でありながら国際都市であるため、多くの人が英語を話すことができ、英語だけでも生活ができてしまいます。そのかわり、英語がどこでも通じてしまうので『なかなかドイツ語が上達しない』とも言われています。

それでも長期的にベルリンに住みたいと考えると、ドイツ語が必要になってくるわけで。。語学学校でも、ベルリンでのドイツ語学習の取り組みにくさについてよく話題にあがります。

ただ私はそんなことはないと考えていて、要は自分の行動の取り方で、『ドイツなのにドイツ語の勉強ができない街』から『ドイツ語も英語も勉強できる街!』という、語学学習に最強の街になると思うんです。

今回はそんな語学学習に最強の街として過ごすには、どうしたらいいのか。そのポイントを書いていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

『ドイツ語で大丈夫?英語のほうがいい?』と聞かれたら『ドイツ語で!』と答える!

unnamed-7

語学学校近くの、大好きなカフェ『Café Ole』

お店で買い物をするとき、レストランでご飯を食べるとき。

アジア人である私は、必ず最初にこう聞かれます。『ドイツ語で大丈夫?英語のほうがいい?』そう聞かれたら、『ドイツ語で』と答えるようにします。

ドイツ語で言ってもらって、もし分からなくっても(あー結局こいつわかってないじゃん!)と、嫌々でも英語で言い直してくれます。 運良く優しい店員さんに当たったら、英語でドイツ語の説明もしてくれます。さらにラッキーだと、「ドイツ語の勉強してるの?」という話題から始まり、仲良くなれます。そして、ドイツ語を教えてもらえたりします!

ここで重要なのは店員さんにイラっとされても強い心を持って、精一杯のドイツ語を話すこと。そして、ドイツ語を失敗しても英語で聞き直してくれた時にすかさず『ああ、こういう意味だったのか!』と脳内で学習する癖をつけることが大切です。

この半年、ドイツ語をメインで勉強をしてきたので、英語を忘れてきているという部分も正直あります。なので、あえて英語でお願いする時もあります。こういうとき、英語語もドイツ語も通じる街っていいなと、とても思います。

ベルリンは英語ができれば、ドイツ語学習に取り組みやすい街。そして、ドイツ語だけでなく英語も学習できる街なのです。

 

最初のうちは日本人の友達を作らない!

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/846085941756411904

日本人の友達は、文化も言語も同じだから安心はするけれど、最初にそのグループに入ってしまうと多くの時間を母国語で話すループから抜け出せなくなるでしょう。そうすると、なかなかドイツ語も英語も上達しないし、それ以上の交友もなかなか広がりません。そういうパターンに陥っている日本人の話や、他の国の人たちの話もよく聞きます。

facebookなどで日本人のコミュニティーを見つけることができますし、ベルリンでは日本関連のイベントも開かれていますが、私は最初からそこに入っていかないように気をつけていました。目的を持ってはるばるここまで来たのに、わざわざ日本のような環境を求めて深入りしていくのもなんだか違いますしね。

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/847522227671236609

ベルリンに来て半年弱、日本語を話せる外国人の友達はいますが、実は日本人の友達は一人もいません。ほぼドイツ語か英語を話さなくてはいけない状況であることは、最初はとてもとてもストレスでしたが、今では最初と比べればだいぶ話せるようになって(文法はめちゃくちゃですが苦笑)楽しくなってきました。

もちろん、日本人の友達を作りたくないというわけではないのですが、なかなか日本人に会わないというのも正直あります。ベルリンは日本人が多く住んでいるはずなのに。苦笑

何かタイミングがあって出会えたら、日本人の友達もベルリンでできたら嬉しいなと思うこの頃です◎

 

ドイツ語を学びたいのなら、ドイツ人のコミュニティーに入っていく!

語学学校で話題になるのは、『外国人の友達はできるけれど、なかなかドイツ人の友達ができない』ということ。ドイツで仕事をすでにしていたり、恋人がドイツ人だったりすると必然とドイツ人と関わる機会が増えてくると思いますが、単独でワーホリに来ていたりすると、語学学校に通えば外国人の友達はできても、意外とドイツ人の友達はなかなかできないものなのかもしれません。

そういう部分でも”オペア”をお勧めしたいと思います。私は最初からドイツ人ファミリーの元での生活をしているので、毎日ドイツ語を聞き、話さなければならない状況にいます。また、一つのドイツファミリーに属することによって、ご近所付き合いなど、そこからドイツ人のコミュニティに関わって行きやすくなります。とても、語学学習に最適な環境で、本当に感謝しています。

オペア受け入れのホストファミリー探しについては、以下の記事に詳しく書いてあります。

ドイツでオペア受け入れホストファミリーを探すなら、『Aupair world』がオススメ!

 

また、オペア以外でもベルリン各地で行なわれているイベントに積極的に顔を出していくのもいいと思います。Facebookや『meet up』というアプリでもイベントを探すことができます。好きなことのイベントなら、きっと話も弾むと思いますよ◎

 

スクリーンショット 2017-03-31 16.31.47

HP; https://www.meetup.com/ja-JP/

スクリーンショット 2017-03-31 16.35.04

iTunes APP  Meetup - Meetup

私も、やっと語学に少し余裕ができてきたので、いいイベントがあったら、どんどん顔を出していきたいと考えています!

 

タンデムパートナーを見つける!

スクリーンショット 2017-03-31 15.08.14

タンデムパートナーとは、お互いの母国語を教えあうパートナーのことです。ドイツ語のタンデムパートナーは、以下のサイトで探すことができます。

Tandem Partners

Tandem [Deutsch-Japanisch][日本語-ドイツ語]-Facebook

私の場合は、ホストファザーの同僚さんが日本語を学びたいということで紹介してもらい、週一で勉強会をしています。

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/847034503046615040

ベルリンには、たくさんの寿司レストランなど日本食料理屋さんがあって、日本ブームです。私も生活している中で、日本という国に興味があると言ってくれる方が多いので、日本語とドイツ語のタンデムパートナーは見つかりやすいのではないかと思います!

 

 

しようと思えば、ドイツ語・英語以外の言語も勉強できるよ。だって、いろんな国の人が住んでる街だから!

カフェ

私も気づけば、ドイツ語、英語を話す友人だけでなく、スペイン語・ポルトガル語・スウェーデン語・ロシア語・アラビア語・イタリア語・フランス語・韓国語・中国語を話す友人に囲まれています。

もし他の言語に興味があって勉強したい場合、友人伝いでその言語を母国語に持つ人と知り合いになることは、ベルリンに住んでいたら難しいことではないと思います。私のタンデムパートナーが、日本語を学びたいと思って、同僚伝いに私を見つけたように。

私はまだ、新しい言語を学ぶような余裕は今はないですが苦笑、それでも言語以外の違った文化を体験できる環境にいることは、毎日発見があってとても楽しいです。

ということで、私もまだまだ言語学習の工夫とベルリンで楽しく生活する方法を模索しています!というお話でした。

ここまで読んでくださってありがとうございます◎

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 語学・文化交流 , ,