ベルリンの語学学校『die deutSCHule』をオススメします!

      2017/09/08

LL

こんにちは、KiKi(@kikiiiiiiy)です◎

前回は、全くドイツ語を勉強したことがなかった私の初めての勉強法について書きましたが

自分の得意なことの過程が一番効率良くできる方法?超初心者が一ヶ月間独学でドイツ語A1試験を合格するまでのお話。

引き続き、ドイツ語を学ぶことについて書いていきたいと思います。

今回は今私が通っている語学学校について、紹介します◎

 

ベルリンの語学学校『die deutSCHule』を紹介します!

私は今、ベルリンにある『die deutSCHule』という語学学校にて週5で学んでいます。まずはこの動画、見てみてください!

ベルリンの東側、Neukölln(ノイケルン)にある、ベルリンらしいオシャレな語学学校です。カフェもあって、教室内もカラフルだし、アートも飾ってあるし、とても居心地の良い空間です。

Neukölln(ノイケルン)というと、物価が安く移民が多い関係で治安が悪いイメージがありますが、半年間通い続けて特に怖いなと思ったことは一度もありません。安くて美味しいケバブ屋さんがいっぱいありますよ◎

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/794071431298646018

(誤字;語学留学→語学学校は気になさらず、ケバブのことをみてください!)

日本語でドイツの語学学校についてネットで検索しても、多くが学費が安い市民学校のVolkshochsuleや他のプライベート学校のことについて書かれていて、die deutSCHuleについて書かれている記事を見かけたことがありません。その関係もあってなのか、学校で日本人を見かけたことがないんです。(私は午後のコースを取っているので、もしかしたら朝や夜間コースにいるのかもしれませんが。。)

ガストムッター(ドイツ語ではホストマザーの事をGasutMutterとかき、ガストムッターと読みます)が語学学校について調べてくれて、ここがとても評判で良い学校らしいわよ!と教えてくれた学校です。


約半年間通い続けて、先生も職員の方も親切だし、授業内容も充実していてとても良い学校だなと思った事とプライベート学校ですが学費も比較的安いので、日本のみなさんに是非知ってもらいたいなと思いました。

 

 

『die deutSCHule』の簡単な概要

スクリーンショット 2017-03-05 20.30.29

die deutSCHule

HP:http://www.die-deutschule.de/en/#

address:Karl-Marx-Straße 107 12043 Berlin-Neukölln

料金:週5日/1レッスン3時間15分/1ヶ月 198,– €

詳細はこちらで確認できます→http://www.die-deutschule.de/en/language-school-berlin-prices-german-as-a-foreign-learning-integration-foreign-language-courses.html

 

『die deutSCHule』をおすすめする理由!

14729137_1233156920091373_6209391557883122176_n

誕生日に先生がスマートボードに書いてくれたメッセージ

1、一番最初のA1クラスから始めれば、最後のC1まで先生は変わらない!

学生の入れ替わりはありますが、先生はA1からC1まで継続して同じ先生が一緒に上がっていくシステムです。違う先生が入れ替わりで授業をする語学学校も多いようですが、ずっと同じ先生ということは信頼関係も築けますし、長くクラスに在籍していれば先生も自分の不得意を理解してくださり、それにあったアドバイスもしてくれます。

ただ、レベルの入れ替わりの時、(例えばA1からA2になる時)最初の1週間は担当の先生が休暇を取るシステムになっているので、その時だけ違う先生の授業を受けることになります。

でも、たまに違う先生の授業を受けることも、教え方や授業の進め方の違いが新鮮だったりして面白いですよ。

 

2、もし担当の先生と相性が合わなければ、違う先生のクラスに途中で変更することも可能。

ずっと同じ先生が担当してくれる安心感がありますが、その先生の授業の進め方や相性が合わなかった場合、それはもう学校生活もドイツ語の勉強も継続が難しくなってきます。

そうなった場合は、職員室で他の先生のクラスに移動することを相談することができます。朝、昼、夜の3つの時間帯で授業を行っていますが、同じ時間帯でも同じレベルのクラスが複数あるので他のクラスへの移動は可能です。実際、私もA2の最初までいたクラスの先生と相性が合わず悩んでいたのですが、職員室に相談しに行き、幾つか違うクラスを見学して今の先生とクラスに出会いました。

先生によって授業もクラスの雰囲気も違うので、見学して自分にあったところを選べることは、とても有難いです。

 

今の先生のクラスには、かれこれ4ヶ月間います。この間は先生の誕生日だったので、クラスメイトのみんなとサプライズパーティーを開催、大成功しました◎

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/835171024048107520

クラスメートも、なかなか癖があって面白いです。笑

 

スポンサーリンク

 

面白くて印象に残っている授業は『このテーマについて、今から外に出て最低でも3人捕まえてインタビューしてきて!』

unnamedのコピー

インタビューに協力してくれた優しいチェコ人親子とクラスメイトと記念写真!

 

最初にいたクラスの先生はしなかったので、もしかしたら今の先生の特徴かもしれません。

インタビューのテーマを与えられて、『今から学校の外に行って。最低でも3人に声をかけて、このインタビューをしてきて!15分以内に戻ってくるように。帰ってきたらインタビュー内容についてみんなにプレゼンしてね!』

これ、かれこれ3回くらいしてます。笑

このちょっとクレイジーな感じが私好きなのですが、これが毎回なかなか大変。何が大変かって、ベルリンの街中で片言の外国人が必死に声をかけたって、大体の人が怪しがって答えてくれないんですよ。笑 逆の立場になって考えてみても、私だったら怖くて無視するとおもいます。

1回目は、片言すぎて、誰も答えてくれなくて惨敗。

2回目は、優しいチェコ人の親子(長年ドイツに住んでいるのでドイツ語が上手でした)に出会って一組だけだけどインタビューをすることに成功。仲良くなって一緒に写真も撮りました!

3回目は、ちゃんと3組インタビューができて、インタビューの文章の書き起こし(簡単なものですが)もできました。

成長しています◎他のクラスメイトがどんなインタビューをしてきたのかを聞くのも毎回楽しみ。

『言語の学習は、話すことが難しいけれど、話すことが一番大切!』

先生の授業では、突撃インタビュー以外にも面白いゲームなど、話せるようになることを考えた課題が多く、毎回プレッシャーもありますが、とても鍛えられるし、楽しいです。

B1になってからは週3回、必ずクラスの誰かが自由にテーマを決めてプレゼンテーションを行っています。大体の人が、自分の国について話してくれて毎回とても楽しみ。私の回はまだなので、何について話そうかじっくり考えているところです◎

 

『die deutSCHule』で使ってる教科書もわかりやすくておすすめ!

日本でもamazonで買えるみたいです。ドイツの文化、教育、仕事、歴史など取り上げているテーマが面白く、付属のCDもあるので自主学習でも十分活用できるのではないかなとおもいます。オススメです!

スクリーンショット 2017-03-06 20.04.01

Verben Lite - COMPOS APPS SL

それから、先生に教えて貰ったおすすめアプリ。複雑なドイツ語の動詞活用形をすぐに調べることができて、重宝してます。

スクリーンショット 2017-03-06 20.10.52

ドイツ語 基礎単語 - JAT LLP

A1ーB1までの基礎単語をカバーしているアプリです。発音も一緒に学ぶことができて、毎朝必ず幾つか暗記するように習慣化して使っています。

まとめ

C5cfnNaWYAARD-g

 

ということで、ざざっと紹介してみました。

クラスメイトはヨーロッパ、アフリカ、中東、南アメリカ、北アメリカ、アジアと本当に世界各地から、いろんなバックグラウンドを持った人たちが集まっています。休憩時間のクラスメイトとの話も、日々面白い発見が沢山あります。

料金を見ても、市民学校Volkshochsuleとあまり差はないのではないかなと思います。

もしベルリンで語学学校に通うことを検討している方がいたら、一つの選択肢として考えてくださると嬉しいです:)

以下の記事にも、この語学学校の授業内容を書いています↓

語学学校で日本語と日本文化について、ドイツ語で40分間プレゼンしたお話。

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 語学・文化交流 , ,