ボローニャ国際絵本原画展・Bologna children's book fairに行ってきました!

      2019/04/24

っk



こんにちは!とてもお久しぶりの更新になります。ベルリンを拠点にイラストレーターをしている、KiKiです。

4月3日、ボローニャ国際絵本原画展、行ってきました ! イタリア・ボローニャには3日から5日まで滞在してました。

ボローニャ国際絵本原画展(Bologna children's book fair)は、世界最大の絵本見本市です。世界中の絵本関係の出版社さんがブースを出展されていて、訪れた感想は主に、バイヤー・翻訳者・イラストレーターたちの商談の場所でした。絵本作家の登竜門コンペも毎年開催していて、受賞者の原画を見ることもできます。

ボローニャ国際絵本原画展(Bologna children's book fair)

日本でも登竜門コンペの受賞者原画展を見ることができ、6年前私は兵庫の西宮で見ています。

それを、今年のはじめにオペアをしていたホストファミリーの家に久々に訪れた際、ホストパパに『KiKiは、子供のために何か絵を描いたらいいんじゃないかなあ』と言う言葉に、ふとボローニャ絵本国際原画展のことを思い出しました。

ホストファミリーの家には、私が描いてプレゼントした絵たちが、すべて全部飾ってくれてありました。ホストキッズたちも『KiKiの絵が一番!』と言ってくれたことが嬉しくて、嬉しくて。

unnamed-1-1024x770

ホストファミリーの家のキッチンの黒板に描いたもの。

 

18198384_1496789163728146_555370296586353375_nのコピー-1

ホストキッズのお姉ちゃんに、お誕生日プレゼントで描いたもの。

そういえばベルリンからだったら、本場ボローニャに行けてしまうのでは?と調べてみると、飛行機で片道1時間ほど。直感で、自分の作品を持って行くことに決めました。

 

スポンサーリンク

 

56800607_2622379037835814_5597584345201115136_n

イラストレーターとして、申請すると貰えるパスとパンフレット。

朝一番から丸一日、出版社さんのブースまわってお話聞いたり、作品見て頂いたり、本当に貴重な経験でした。でも後半は情報の多さと人の多さに白目になりそうでした。 頭クラクラしてました。

世界中の絵本関係の出版社さんが出展されていたので、とても学びがありました。絵本業界のこと、絵本の絵のこと、たくさん教えて頂きました。世界にはこんなにも色んな絵本があるんだなって、それだけで大興奮です。まるで絵本の美術館にいるみたいでした。

拙い英語とドイツ語(ドイツ、オーストリア、スイスの出版社さんがいらっしゃったので)を駆使してお話してきましたが、ドイツ語で話しかけると、『なんでドイツ語話せるの!?』って会話が弾んで、ドイツ語勉強してよかったなあと思いました。やっぱり母国語で話しかけて貰えるって嬉しいよね。今は英語とドイツ語でいっぱいいっぱいだから、他の国の言葉には手を出せないけれど、その人の母国語で話しかけた時の嬉しそうな顔見ると、なんか勉強したくなっちゃうよね。

今後の明確な目標とすべきことが、はっきりわかった良き勉強の旅でした!思い切って来てよかったです!!

 

少しボローニャの街の観光もしてきました。

56563166_2622379084502476_8496295427249799168_n

すごくのんびりした平和な街で、歩いてたら美術学校?を見つけて、入っても何も言われなかったので、探検してきました。笑 アトリエと石膏像と油絵の具の匂いと埃臭い感じは、世界共通だなあと懐かしくなりました。

56614100_2622379201169131_6494350276537876480_n

旧ボローニャ大学の見学もしてきました。

 

ボローニャ国際絵本原画展で、フランス人のイラストレーターの女の子2人と仲良くなったので、彼女たちが住むベルギーはブリュッセルに遊びに行く計画を立てています。

4月に入り、帰ってきたらベルリンはびっくりするくらい良いお天気で、びっくりするくらい元気百倍になりました!

 

スポンサーリンク

 

 

名称未設定 1

KiKi

Illustrator・Artist

Portfolio:http://kiyonosaito.com/

instagram : @ kikiiiiiiy

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Italy, 移住3年目アーティストvisa編