オペアに必要な保育経験とは?

      2017/03/22

childcare

こんにちは、KiKi(@kikiiiiiiy)です。

前回は「オペアに必要な英語力」について書きましたが

AuPair in USA④オペアに必要な英語力は?

今回はオペアにとって、最も大切な保育経験について書きたいと思います!

 

 

渡米前に必要な保育経験

オペアになるためには、以下の保育経験を渡米前に満たしていることが必須条件になります。

【保育経験】
2歳児未満の子供の世話を200時間以上したことがある(同居していない血縁のこどもを含む)

ただ、これは最低条件です。
オペアを必要としているホストファミリーの子供が2歳児未満が多いということと、やはり自分の大切な子供を預けることになるので、出来るだけ多くの保育経験を持ったオペアを探しています。

私が登録したエージェンシーのスタッフさんには、プラス2歳児以上の子供の世話を250時間経験してくださいと言われ、合計450時間の保育経験をしました。

私は渡米を急いでいたので、指示された450時間までしか保育経験を積みませんでしたが、時間に余裕がある方は出来るだけ多くの経験を積むことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

保育経験の積み方

あそぼうくらぶ

実習させていただいた保育園でつくった消しはん

必要な保育経験を積むために、子供の世話をさせて頂ける場所を探す必要があります。
同居していない血縁関係の子供の世話も含まれるので、親戚の子供や友達の子供のお世話でも可能です。
私は少しでも多くの子供たちと触れ合う経験をしたかったので、保育園、幼稚園で保育経験を積みました。

私は保育士・幼稚園教諭の免許取得は持っていなかったので、保育士の友人・知人に紹介してもらった二ヶ所の施設で約4ヶ月間ボランティアとして勉強させて頂きました。

紹介して頂いた施設では、オペア留学について説明するのにも少し苦労しました。何故なら日本ではあまり知られていない制度だからです。あらかじめオペア留学についての資料をまとめて、それを持参していったので最終的には了承してくださましたが、一つ目の施設の園長先生には「その制度大丈夫?騙されてない?」と心配されてしまいました。笑

もし保育施設にボランティアをお願いしに行かれる時は、オペア留学についての資料をまとめたり、説明できる準備をして行かれた方がいいかも知れません。

 

 

 

保育についての参考資料

ボランティア先の保育園の先生にいくつかお勧めの本を教えて頂いたので、ご紹介します。アメリカにこの2冊を持って行きましたがとても助かりました。

そしてホストファミリーに勧められて、読んだものです。すべて英語なので、保育・英語両方の勉強になります。

こどもの気持ちを理解するためにはどうしたら良いか、ということがとてもわかりやすく書かれています。

・Mary Sheedy Kurcinka Blog
ミネソタ、St. Paulで子供の成長についての研究をされている方のブログです。
・Kids honest advice on pareting
こどもたちがこどもの気持ちを解説してくれてる動画です。

 

まとめ

以上、オペアに必要な保育経験について書きました。
次からはわたしの保育ボランティアについてのことをかいていきたいと思います : )

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - AuPair in USA, 渡米準備編 , , ,