わたしがオペアをしよう!と思った理由

      2017/03/24

why

 

こんにちは。KiKi(@kikiiiiiiy)です。

前回はオペア留学についての説明をしましたが、

AuPair in USA①オペア留学とは?

 

今回はなぜわたしがオペア留学をしようと思ったのかを書いていこうと思います !

 

知ったきっかけは、フランス旅行の為に行った本屋さんでの偶然

with friends in france

フランスのアーティストが不法占拠した「59 RIVOLI」で出会ったアーティストと。

日本であまり知られていないオペア留学をなぜ知ることになったのか。

大学副手時代の2014年春に長期休暇をとって、一人フランス旅行に行く計画を立てていました。本屋さんに「フランス旅行」についての本を探しに行ったのですが、そこで目に付いたのが全然関係のないアイスランドの旅行日記の本。笑

「24さい、おんなのこ。職業、夢だったデザイナー。成分は夢と妄想だらけ」

当時同じ24歳で、職業はそれだけでは食べていけないけどイラストレーター、成分はきっと同じ夢と妄想だらけ。この著者の方も長期休暇をとってアイスランドに行く。この帯の一文にとても共感したのと、「いつか行くのではなく、いま行くしかない」という言葉が、わたしがフランス1人旅行を勢いで決めたのと同じだと思って手がはなせなくなってしまい購入して持ち帰りました。

この事をfacebookに投稿すると、なんとこの本の著者がお知り合いのイラストレーターさんの学生時代の友人であることが発覚。そして「こんな本も書いているから、よかったら読んでみて!」と勧められたのが、この本。

著者のmiyacoさんが実際にアメリカでオペアとして滞在された記録について書かれています。日記のように書かれている本なので面白く一晩で読み終え、その時には、はじめて知ったオペア留学についてとても興味を持っていました。

これが、わたしがオペア留学を知ったきっかけです。

ちなみにmiyacoさんとは出国前に、東京でお会いすることができました!オペアの実体験を直接お聞きすることができたこと、オペアを知るきっかけの本を書いてくださったことに対するお礼を伝えられたことが本当に嬉しかったです。miyacoさん、お忙しい中お時間作ってくださってありがとうございました!

 

スポンサーリンク

オペア留学をしよう!と思い立った理由

チェコにて

大学2回生の春休み、チェコでのアニメーション研修旅行で出会ったアンティークショップの超優しいおじいちゃん。

この本を読んだ2014年は大学の仕事の契約が最後の年で、来年の2015年どうしようかと考えている時期でした。もともと海外の文化や芸術に興味があり、学生時代にアニメーション研修旅行でチェコ、社会人の個人旅行でフランスに行ってから留学をしたいという気持ちは大きくなっていました。

前回のブログにも書きましたがオペアには年齢制限があり26歳までしかすることができません。ちょうどこの本を読んだのが、2014年11月。わたし、25歳。仕事の切れ目的にも年齢的にも、このタイミンで行かないと2度と留学するチャンスはないという事と、自分の貯金内で行ける!ということで、オペア留学することを決心しました。

 

 

留学の方法として’オペア’を選んだ理由

子供達の絵

Minnesota fairで見た子供達の絵!真似できない感性!

絵に関しては、いろんなものを自分の目で見ること、いろんな経験をして感じることが、自分の絵の成長につながると考えています。なので、わたしの留学の目的は学校で学ぶというより、以下の点を重視していました。

 

・様々な所を訪れ、多くの人と交流をし、感覚や経験を増やして、自分と作品の成長に繋げる
・交流や活動の幅を広げるために、英会話力を身につける
・将来的には海外でも絵の活動をする。その下準備や、人とのつながりを広げる。

 

そしてオペア留学について調べた時、この条件がぴったり満たされることに気づきました!

 

・様々な所を訪れ、多くの人と交流をし、感覚や経験を増やして、自分と作品の成長に繋げる
→アメリカは大国で様々な人種の人々が住んでいる。様々なもの、人々と出逢い、沢山の考え方や感性に触れられる。特に、こども達は大人が忘れてしまった大切な感性を持っている。オペアは、こども達の感性を日々学びながら、ホストファミリーの一員としてどっぷりアメリカ文化を体感することができる!
・交流の幅を広げるために、英会話力を身につける
→学校に通うだけでなく、ホストファミリーと毎日英語で会話することになるので、日常英会話のさらなる上達が見込める!
・将来的には海外でも絵の活動をする。その下準備や、人とのつながりを広げる。
→初めから知り合いがいない中の留学ではなくホストファミリーがいるので、周辺の環境や興味のあることについて聞くことができる。また他の国から来たオペアとの交流会もあるので、他国出身の友達もでき、繋がりが広がっていく!

以上の理由と「直感でこれだ!」と感じ笑、私は留学方法としてオペアを選びました。

 

 

ということで…

以上のきっかけやタイミング、出会いがあり、私はオペアとして渡米し、波乱万丈(これはまた別記事にじっくり書きます笑)夢の留学生活へ一歩踏み出しました !

渡米準備も現地生活も大変なことがありましたが、良いことも悪いことも、ぜんぶぜんぶ大切な宝物です。

と、いうことで、次の記事からは「渡米準備編」を書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします😊

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - AuPair in USA, 渡米準備編 ,