AuPair academy in NY

      2017/03/22

academy

こんにちは、KiKi(@kikiiiiiiy)です!

昨日からサイトのURLを公開しているのですが、サーバーのエラーなどがあって正常に見れなかった方もいるみたいです。。そしてやっぱり、スマホから見る人が多いみたいですね。見にくくて、ごめんなさい!原因究明しつつ、ブログ更新をとりあえず続けていきます。HTML、もっと勉強します。。!

さて、渡米準備編がおわって今回からアメリカでの記録に入ります。今回は『Aupair academy』の体験を書いていきます!

 

『Aupair academy』とは?

academy

登録したエージェンシーによりますが、わたしが登録していたAuPair Careでは一番最初にNYに行き、『Aupair academy』というオペアとしての研修を3日間受ける必要があります。

そこに世界中からオペアたちが集まって朝から夕方までみっちりchild careについて勉強し、academy終了後、それぞれホストファミリーの元に旅立って行きます。

 

 

23時間かけて空港に到着!アメリカだー!!

空港
降り立った空港の出口。

8月2日に羽田空港を出発して、カタール航空ドーハ経由で23時間かけてアメリカに到着!時差は14時間くらい。

ドーハ

ドーハ空港は、とっても大きくて綺麗な国際空港でした。

ドーハ遊び場

同じ出発日にあと2人日本人のオペアさんがいて、羽田空港で合流したおかげでなんとか乗り換えも入国審査もパスして無事到着できました。

空港に着き、出口のところで無事「AuPair Care」の紙を持ったスタッフのおじさんを発見。
韓国の子と、テンションが高いドイツの2人組の子たち、数少ない男性オペアの子と相乗りで大きい車に乗り込み、AuPair academy会場のホテルへ!

車移動

車の中では、もちろん英語でみんな会話をしていて、わたしはというとほぼ1日かかった飛行機の移動時間と、時差でくたくたで頭回らないし、何を言ってるのかわかんない!!「?????」状態! テンション高いドイツ人の子たちと簡単な自己紹介をして、そのノリにとりあえず合わせて、いっぱい一緒に写真をとった気がする。笑

スポンサーリンク

そして、わたしの名前はKiKiになる。

KiKI

academy会場のホテルについて、AuPair Careのスタッフさんから説明を受ける。ネイティブ。まったく何を言っているのかわからない。他2人の日本人オペアの子達と協力してなんとか理解し、自分の部屋にたどり着き、ばたんきゅー。

部屋は3人部屋で、同じ州に行く子達が同じ部屋になるようにしてあったみたいです。ルームメイトは、コロンビア人とブラジル人。わたしが時差ぼけでぐるぐるしてる中、元気でめっちゃテンションが高い2人。それもそのはず、ブラジルとコロンビアはアメリカと時差があまりないのと、移動時間がそんなに長くないのです。2人の友達もいっぱい部屋にやってきて、お祭り騒ぎ。笑

意識が朦朧としながらも、刺激的な異文化交流がすごく楽しくて一生懸命英語で話し、ルームメイト達も優しくて一生懸命聞いてくれました。

「What your name ?」 と聞かれ「My name is Kiyono.」と答えた時に、わたしの発音が悪かったのか、外国人にとって聞き取りにくい要素だったのか、はたまた両方が原因なのか、とにかく自分の名前もうまく伝えられない。そして、聞いてくれた彼女達の名前も聞き取れない。そんな中、ひとりがゆっくりこう言ってくれました。

「わたしの名前は’バーバラ’。OK? 難しかったら、’バーバ’って呼んでね。」

バーバは聞き取れる!そして、わたしはこう答えました。

「バーバ、OK。それならわたしのことは’キキ’って呼んでね。」
「キキ!それは簡単でいいわ!」

これがわたしがアメリカで’KiKi'と呼ばれるようになったきっかけです。

 

AuPair Academy、開始!

academy

到着した次の日から、早速academy開始。

最初に簡単なゲームをしてお互いの仲を深めた後、専用のテキストも配られ、研修開始!三日間、朝から夕方までみっちり勉強漬けでした。

主な内容は、

・オペアとしての心構え、仕事について
・アメリカでのChild care
・救急対応の研修
・担当するホストキッズの年齢層別にわかれて、その年齢層にあった対応について学び、それについてのディスカッション

毎回最後に念押しされる宿題が出て、日本人オペアの子達と集まって英語に苦戦しながら仕上げても、次の日に宿題については完全スルーして研修が続けられる、なんとも自由なアメリカ。そして真面目な日本人。笑

ネイティブのスピードに理解できないことがほとんどでしたが、アメリカ独特の高いテンションや自由な雰囲気がすごく楽しかったです。言語の不自由があったぶん、誰かに助けを求めなくてはいけないケースが多く、逆にそのおかげで他の国のオペアの子と仲良くなるきっかけにもなりました!英語力に自信がなくても話しかけることって、とても大切なんだと思います。

 

「Pre Departure Program」の制作と提出

11059532_920326831374385_7465207978563653293_n

academyで出される毎日の宿題以外に、事前に告知されているもので制作して持参しなくてはいけないものがあります。それが『Pre Departure Program』。与えられた課題を調べて、それについてまとめた1冊の本を作ります。

 

『課題内容』

1.My american Family and region
2,Develoomental Milestones
3,Simple crafts and Snacks
4,Storytelling,singing and games
5,Motor skills (Fine and Gross)
6,Make Believe and limitation
7,Sharing and Cooperation
8,Language Development
9,You & Your cuntry's holiday and Customs
10,Questions for Host family

academyに提出した後、ホストファミリーにプレゼントすることになります。なのでおそらく英語はめちゃくちゃですが苦笑、楽しんでもらえたら!という思いでつくりました。

本の中身1

 

ルームメイトに言われた心に残っている言葉

facebook引用

AuPair academyの日の日記がfacebookに残っていて、不慣れな英語でこう書いてありました。

i'm in NY !
today is first day that au pair academy.

I could not understand what the instructor is saying ...

But, Brazilian and Colombian 's au pair are very kind. they helped me.

colombian's au pair said me,

you are strong because japanese and english are too difference language. so difficult. but, you came here. you are strong.

I'm happy to be told that.
so, I'll do my best !

my new friends call me ' kiki ',because they can't say kiyono.
They are difficult to pronounce my name.

英語がまったく聞き取れず、困っていたわたしをた助けてくれた、ルームメイトでコロンビアの友人の言葉です。

「あなたは強い。なぜなら、日本語と英語はとても違う言語。とても難しい。でも、あなたはここに来た。あなたは、強いよ。」

初日、正直英語がわからなすぎてパニックになっていましたが、彼女がゆっくり、そう言ってくれてとても心があたたかくなったことを覚えています。

英語がわからなすぎて挫けそうなった時は彼女のその言葉と笑顔を思い出します。

彼女もわたしに比べたら全然話せるようでしたが、それでも英語に苦戦していてホストファミリーの家に着いてからも、毎日お互い励ましメールを送っていました。

面白いなあと思ったのが、彼女の母国語はspanishなのですが、いつもメールで「jajajaja」と送られてくるんです。最初「じゃじゃじゃ?ん???」と思って謎だったのですが、聞いてみたらspanishではJを「ハ行」で発音するそうです。だからこれは「ハハハハ」、笑ってるって意味だったんですね。笑

わたしが強いかどうかはさておき、彼女が言った通り、日本語と英語って全然違ってむずかしい。

でも英語が話せたら、今までコミュニケーションが取れなかった人たちとも交流できる。世界が広がる。例えば、彼女とは今でもメールをしたりする、そんな関係が続くってとても素敵なこと。そう思うと、英語の勉強は「しなきゃ」から「したい」に変わっていきます。

Aupair academyでそんなことを考えながら、感じたいろんなことを胸に、ホストファミリーのいるミネソタ州に旅立ちました。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - AuPair in USA, オペアイベント , ,