【2017年版】ベルリン現地でのワーホリvisa申請方法(オペアvisa→ワーホリvisa)

      2017/07/25

ワーホリvisa申請

こんにちは、最近ベルリン現地でのワーホリvisa申請の準備に奮闘していたKiKi(@kikiiiiiiy)です。

https://twitter.com/KiKiiiiiiy/status/879268604100980737

しかし、ちょっと銀行の残高証明で少しとこずって出直しになりました!

でも、その場で新しい外人局の予約を取ってもらえたので一安心。また準備し直して、行こうと思います。

まだきちんと発行されていない状況ですが、現地でのワーホリvisa申請を考えている人のために記録をシリーズで書いていこうと思います◎

 

スポンサーリンク

※私が現在所持して滞在しているvisaは『オペアvisa』です。

私はすでに『オペアvisa』で10か月ベルリンに滞在しています。

シェンゲン協定を利用して3ヶ月visaなしで滞在した上での現地申請と、また少し状況が違うかもしれません。

オペアvisa申請、ドイツでオペアをする方法については以下の記事を参考にしてください◎

ドイツでオペアをする場合の条件とは?

ドイツでのオペアvisa取得方法

 

まずは外人局の予約を取ろう!

スクリーンショット 2017-06-26 13.21.01

予約の取り方については、こちらのページに詳しく書いてあり、オンラインで予約を取ることができます。(ドイツ語と英語で読むことができます)

どうしてもvisa申請するのに日数がない場合は早朝に行って並んで整理券をゲットするという方法もありますが、取れるかどうかもわからないので、可能な限りオンラインで予約を取って行った方がいいと思います。

他のvisaを所持していて現地でワーホリvisaに切り替える場合は、所持しているvisaの有効期限の最低でも3ヶ月前には予約を取る準備を始めましょう。

現在、移民問題もありなかなかオンラインで予約を取ることが難しいとされるドイツですが、ポイントを押さえれば予約を取ることは不可能ではありません。

1.ドイツ時間の朝に毎日チェックする!

アクセスが集中していない時間帯なので、WEBページが固まることなくスムーズに行ことができます。また噂に聞いただけなので確かな情報かわかりませんが、毎朝予約の整理を外人局の方がするので、朝見ると必要なくなった予約の空きがポッと出てくるそうです。

私は今回このパターンで、予約を取ることができました。

 

2.運が良ければ、メールの問い合わせで予約が取れることもある!

これは去年オペアvisaをベルリンで申請しようとした時も同様、オンライン予約は全部埋まっていて取れない状態だった時にホストペアレンツが行った方法ですが、外人局のコンタクトホームからメールで『来年までオンライン予約がいっぱいで取れないのだが、どうしたらいいのか?』と問い合わせたところ、その方が予約を取ってくださったのです!

私も今回同じ状況だったので、同じようのメールで問い合わせてみたのですがダメでした。苦笑 ドイツ語メールの添削もホストペアレンツにしてもらったので、私のドイツ語が下手だったとかではなく、もうこれは運なのかなと思います。

 

3.ドイツの長期休暇シーズンにに予約を入れる場合は、早めに!

去年ベルリンでオペアvisaを申請した時も夏で、『職員がバケーション中で人数が少ないから予約が取りにくいんだ』という話を聞きました。そんなことも全然ありうるドイツ、早め早めが大切です。

 

オンラインで予約を取ったとは、予約番号と外人局の場所など細かいことが書かれた書類がメールで送られてきます。その指示に従って、予約日当日、外人局に向かってください。

※追記

 

無事予約が取れたら、必要な書類を集めよう!

こちらにベルリン現地でワーホリvisaを申請する際に必要な書類や注意点について詳しく書いてあります。以下、必要種類の部分のみ抜粋です。

スクリーンショット 2017-06-26 16.56.03

  • パスポート
  • 証明写真 35mm×45mm(ショッピングモールとかにある証明写真を撮る機械のもので全然OK でした)
  • HPからダウンロードできるvisa申請書類
  • ベルリンの住民登録証明書
  • ワーホリ期間の1年間加入した健康保険の証明書

→私はwasabiさんのブログを参考に、『Care Concept社のCare Comfortプラン』に加入しました。

  • 最低でも2000ユーロの銀行残高証明

今回この証明で引っかかって、出直しをくらいました。もちろん、ドイツの銀行で行いましたが、少し注意点があるみたいです。これは改めて以下の記事にまとめて書きました

【2017年版】ベルリン現地ワーホリvisa申請でのドイツ銀行口座を使った残高証明方法について

 

 

日本人はvisa申請料50ユーロ無料だよ!!

スクリーンショット 2017-06-26 17.08.46

改めてベルリン現地でのワーホリvisa申請方法について書かれたページを見て欲しいのですが、『日本人はvisa申請料50ユーロ払わなくてもいい』って書いてあるんです!!!

これは嬉しい!!なんでだろう。。?

ただ、1回目のvisa申請の時に対応してくださった役所の方に『次来るときは申請料50ユーロ払ってね』と言われ、『?私は日本人です。(パスポート再度提示)払う必要ないですよね?』と答えたところ、PC上のマニュアルのようなものを見て『そんなことは書いてないはず。。』と言い出したので、持っていたiphoneでこちらのページを見せて日本人は払う必要がないことを伝えたら納得してくださいました。

役所の人でも知らないパターンもあるみたいなので苦笑、支払いを請求されたらiphone等で記載されている部分を見せてください。50ユーロは、大きい!

 

もし書類に不備があって出直さなくてはいけなくなった場合、その場で予約を取ってもらおう!

再度自分でオンライン予約をするより、その場で役所の人に予約を取ってもらった方が確実です。再度来なくてはいけなくなった場合、必ず予約が可能か聞くことを忘れずに!

 

注意!申請した日から、visaの種類は変わってしまいます。(らしい)

私のオペアvisaは9月まで期間がありますが、最終有効日より以前に外人局に予約を取り、他のvisaを申請すると、まだ残りの期間があろうとなかろうと、その日からvisaの種類が変わってしまうようです。

つまり、私はこのまま再度予約をすると約3ヶ月損をしてしまうのが勿体ないなあ〜とモヤモヤしているところです。でも外人局の予約は、いつ取れるかわからない状況なので、取れた時に行ってvisaを確保したいところ。

今回ホストママに『オペアvisaの期限が切れる9月まで、うちでオペアをする契約をしているからワーキングホリデーvisaの発行日はそれ以降にして欲しい』という手紙を書いてもらいましたが、『それはできない』と断られてしまいました。。

でも人によって対応が違ったりするので、次回も手紙を持って行き交渉してみようと思います。

 

おまけ

ドイツは、(特にベルリンは)そのままでいいんです。笑

私がベルリンを好きなのは、こういうところ!

 

またvisa関連で動きがあり次第、追加でブログを更新します。

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KiKi(@kikiiiiiiy)を

 - Berlin, 移住2年目ワーホリ編 ,